« 2歳半でもテレビを1日4時間以上 | トップページ | 2004年の色は、オレンジ! »

2004.12.24

映画「父と暮せば」2005春再上映

 2004年も残すところ1週間。あとは1年をふりかえる内容を多くしていきたい。

 2004年、どうしてもこだわりたいのがこの映画。

 7月31日から12月17日まで東京・岩波ホールで公開された映画「父と暮せば」(監督」:黒木和雄 主演:宮沢りえ)が来年また再上映される。2005年3月5日から4月8日まで、同じ岩波ホールで。

 ここで、日刊スポーツ映画大賞の紹介を。

 監督の黒木和雄さんは日刊スポーツ映画大賞・監督賞に輝いた。
黒木和雄監督、戦争3部作全て栄誉(日刊スポーツ2004/12/4) 
 同主演女優賞に宮沢りえさんはあと1票の僅差だった。
小雪、お岩で主演女優賞(日刊スポーツ2004/12/4)
 同作品賞は、「血と肉」で、ここでも「父と暮せば」は1票差だった。
崔洋一監督「たけしさんしかいなかった」(日刊スポーツ2004/12/4)


 都内では岩波ホールだけで上映された映画、1200万人が父や母、家族、好きな人と暮らすこの東京で232席(岩波ホール)のみでの公開。見逃した方、ぜひ今度の春に。あたたかい春が待っているはず。

« 2歳半でもテレビを1日4時間以上 | トップページ | 2004年の色は、オレンジ! »

平和」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
貴重な情報ありがとうございます。
「父と暮らせば」2度見に行きましたが、きっと3度目も行くでしょう(笑)

TBありがとうございましたm(_ _)m

へぇ~、また来年上映されるんですね^^
岩波ホールですか(笑) ?
どこかもっと環境のいい劇場でかからないものでしょうか^^
ま、映画自体がいいですから我慢しますが、とても岩波は映画環境としてはよくないですから。
ホールの女性たちはいいのですが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/2364021

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「父と暮せば」2005春再上映:

» 『父と暮らせば』 [京の昼寝〜♪]
■監督  黒木和雄(原作 井上ひさし) ■キャスト 宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信 ■物語   「原爆」で自分だけが生き残り、幸せになることを否定しながら生きる娘... [続きを読む]

» 祈りをこめて [京の昼寝〜♪]
昨年の僕が観た映画の中で邦画のベスト1に上げた作品『父と暮らせば』。 この映画の監督である黒木和雄氏(74)が、10日、広島市中区・平和記念公園に立つ「原爆の子... [続きを読む]

« 2歳半でもテレビを1日4時間以上 | トップページ | 2004年の色は、オレンジ! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!