« 2004年をふりかえって ありがとう | トップページ | 紅白斬り!波田陽区と青木さやか、海老沢会長に思う  »

2005.01.01

2005年を迎えて

 みなさん、明けましておめでとうございます。雪が道々に残るなかで新しい年を迎えました。

 この1月1日、一番大変なのが、ぶあつい新聞を届ける配達員と、大量の年賀状を早朝から配る郵便配達のみなさんでしょう。足元がすべるなか、何重のつらさがありますね。1月2日は新聞休刊日ですが、年賀状の配達は32年ぶりにおこなわれます。

 「災」の年となった2004年、その暮れの12月30日に奈良の女児誘拐殺人事件にからんで新聞販売店店員が逮捕されたせいで、天候でない「逆風」も販売店のスタッフには予想されます。この「風当たり」と実態については、後日詳しく書くことができると思います。報道、ジャーナリズム、倫理を掲げる新聞を支える側はどうあるのか、どうあるべきか、私の視点で深くふれる予定です。

 かたい内容ばかりで、おもしろさは薄いと思いますが、どこまでつづくかはさておき、今年もよろしくお願いします。ブログを書くペースは少し落としていくことになりますが。

« 2004年をふりかえって ありがとう | トップページ | 紅白斬り!波田陽区と青木さやか、海老沢会長に思う  »

コメント

あけましておめでとうございます。
細かい記述に人柄が出ているなぁと思いながら読ませていただいています。
今年もtamyレポートに期待しつつも、無理せず続けていただきたいと思います。
年末東京には珍しく2回の雪が降って驚きましたが、子どもたちと雪だるま作りが出来ず残念!

いつも、社会の問題を生活に引き寄せながら、鋭く、温かく書き込んでいる姿勢にはっとしながら学んでいます。大変でしょうが、これからも続けていただけるとうれしいです。

私は「無料」に魅かれ、別のブロバイダーでブログをはじめましたが、続けるのって大変ですね。

明けましておめでとうございます。
しょっぱなのエントリーに何を書こうかと考えたのですが、久々に詩をひねってみました。
戦後60周年とか、いろいろ考えるところはあるのですけど、まずは心意気だと(笑)。

昨年より「夕凪の街 桜の国」を知人に貸しまくっています^^)
今年もよろしくお願いいたします。

MACHIさん、2005年第1号のコメントありがとうございました。少し湿った雪だるまを親子でつくる姿、家の前をちっちゃいスコップで子どもが雪かきする様子など、みかけました。今年もよろしくお願いしますm(__)m。

大場さん、コメントうれしいです。ブログ、教えてくださいね。始めて2ヶ月くらいまでは、継続はサラサラなりだったのですが、続けるってなかなか難しいですね。でもがんばりまーす。

主義者Yさん、「夕凪の街 桜の国」についてはまた来週ふれる予定です。いま、東京の中央線の車内に、「犯人に告ぐ」という人気小説とならんでこのコミックの広告(双葉社)が掲載されているようです。日刊ゲンダイの1月1日号にも広告が掲載されていました。こうの史代ファンページの掲示板に作者の書き込みもあります。主義者Yさんの新年スタートの詩も拝見しましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年を迎えて:

» 新たな年へ [  つぶやき手帳]
一面の青空が広がった 元旦の今日  冷たい空気のそよぎの中に静かな時間が流れる 一年のなかでいちばん穏やかな日 何度も何度もくりかえしあらたまる日 ... [続きを読む]

« 2004年をふりかえって ありがとう | トップページ | 紅白斬り!波田陽区と青木さやか、海老沢会長に思う  »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ツイッター

影響されてるよー

注目!