« 「十八歳未満のお客様には、この雑誌の購入をご遠慮いただいております」 | トップページ | マガジン9条を応援しています リンクバナー »

2005.03.11

映画「Little Birds -イラク 戦火の家族たち-」

 2003年3月のアメリカによるイラク侵攻以来、「ニュースステーション」や「NEWS23」で、精力的にイラクからの中継リポートを続けたビデオジャーナリストの綿井健陽さん(わたいたけはる・アジアプレス)が1年半の取材期間で記録した120時間余の映像から102分の映画作品を完成させたという。先日チラシをうけとった。

 映画のホームページの内容に深く興味を持った。

 タイトルは「Little Birds -イラク 戦火の家族たち-」

 今年のゴールデンウィークに東京、大阪、名古屋などで上映される。

 「あまたあるイラク映像のなかで,私はLittle Birdsに最もつよく心揺さぶられた」という、辺見庸さん(作家)をはじめ、立松和平さん(作家)、森達也さん(映画監督)、清水建宇さん(朝日新聞記者「ニュースステーション」コメンテーター)、森住卓さん(フォトジャーナリスト)、高遠菜穂子さんなどのコメントが掲載されている。

【追記・ブログ内関連記事】
・戦争報道って? あなたには小鳥たちの声が聞こえますか?(2005/3/23)
・イラク戦争が始まって2年 私は何を思ったか(2005/3/20)
・イラク戦争から2年 「私たちは天国の鳥になりました」(2005/3/19)

« 「十八歳未満のお客様には、この雑誌の購入をご遠慮いただいております」 | トップページ | マガジン9条を応援しています リンクバナー »

平和」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/3253428

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「Little Birds -イラク 戦火の家族たち-」:

» 映画「Little Birds」 [911 - 488]
ビデオジャーナリスト・綿井健陽(わたいたけはる)氏がイラクでの1年半の取材期間で記録した120時間余の映像から作成されたドキュメンタリー映画。ストーリー 戦火の... [続きを読む]

» 映画『Little Birds』見ました。 [genmacha weblog]
綿井健陽監督作品『リトル・バーズ』を見てきた。 戦時下イラクの映像をもとにしたドキュメンタリー映画。 攻撃されるイラク市民の側に立ったレポートが中心だが、 何か特定の考え方や意見を押し付けようとするわけではなく、 見る者がそれぞれにイラクを感じ取り、.... [続きを読む]

» 「Little Birds イラク戦火の家族たち」評 [カフェ バグダッド Cafe Baghdad]
2003年度「ボーン・上田記念国際記者賞」特別賞を受賞したジャーナリスト綿井健陽氏が、イラク戦争直前から、戦後に至る、混迷するイラクを描いたドキュメンタリー映画。新宿K's Cinemaで28日まで上映。 この映画での、綿井氏の立ち位置は明確だ。米軍のフセイン政権打倒のためのイラク攻撃と、その後の武装勢力との交戦で傷つき、死んでいく、ごく普通のイラク人の側である。綿井氏は、こうした人々の立場に立ち、バグダッドへやってきた米軍の兵卒に対し「この戦争の理由は何なのだ?」「大量破壊兵器は見つかったのか?」... [続きを読む]

« 「十八歳未満のお客様には、この雑誌の購入をご遠慮いただいております」 | トップページ | マガジン9条を応援しています リンクバナー »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!