« 東京都の次世代育成について意見募集は1週間 | トップページ | 高畑勲さんが語った「戦争とアニメ映画」 »

2005.04.02

吉永小百合さん「声にださないと大変なことに」、朝日夕刊「ニッポン人脈記」スタート

 4月1日、朝日新聞夕刊で「ニッポン人脈記」という企画がスタート。

 一面に大きく女優の吉永小百合さんの写真が載り、「時代の花 戦後60年」という見出しが打たれている。1945年生まれの吉永さんと「戦後60年」の歳月を重ねてとらえている。「演ずること」との出会い、サユリストが寄せる共感、高度成長と生きることへのこだわりへの感動。1985年には「夢千代日記」で胎内被曝をした芸者を演じ、被爆者と知り合った縁で、原爆詩の朗読へ。「生ましめんかな 生ましめんかな 己が命捨つとも-」、詩人・栗原貞子さんの詩を選び。朗読を始めて約20年がたつなかで、今年3月に亡くなった栗原さんを「骨太の、すばらしい方でした」と顧みる。

 昨年11月に、「映画人九条の会」結成に参加したことにふれ、思いを語る。

 「イラク戦争支持とか先制攻撃がどうとか・・・。ここはしっかりみんなで考えて、声にださないと大変なことになるという危機感が強いんです。憲法九条は読めば読むほどすばらしい。一人一人の命を守るという原点に世界が帰ってくれたら。まあ私なんか、そんな力はないんですけど」 
 

 原爆詩のCDをシンフォニーの第二楽章の緩やかさから「第二楽章」と名付けたことを「過去を声高でなく静かに語りかけたい。聞いた人の心に残ってほしいから」とも。

 吉永さんと同じ1945年生まれの朝日新聞コラムニスト・早野透氏は、この日スタートした大型企画をこう結んでいる。

*** 
 私たちはつながりあい支え合って、戦後60年のニッポンという共有空間をつくっている。どこから来てどこへ向かおうとしているのか。いま、ここに生きる人々の物語を始める。
***

 朝日新聞のweb「asahi.com」によれば、
 掲載は月曜から金曜まで週5回で、おおむね3週間ごとに新しいテーマが登場。ビジネス、女性、文化、スポーツ、政治等、様々なテーマで記者が筆を執り、時には外国人を含めて日本の外まで大きく広がる人々の「縁」を、人間味豊かなエピソードと写真で描き出すそうだ。

【ブログ内関連記事】

・吉永小百合さん「ずっと言い続けることで、みんなが言える環境を」(2005/5/20)

・高畑勲さんが語った「戦争とアニメ映画」(2005/4/2)
・4月14日、映画人九条の会 映画と講演の集い(2005/3/10)
・平和を創る映画人のイベント(2005/2/9)
・「映画人九条の会」設立へ(2004/10/23)

« 東京都の次世代育成について意見募集は1週間 | トップページ | 高畑勲さんが語った「戦争とアニメ映画」 »

ニュース」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/3530080

この記事へのトラックバック一覧です: 吉永小百合さん「声にださないと大変なことに」、朝日夕刊「ニッポン人脈記」スタート:

« 東京都の次世代育成について意見募集は1週間 | トップページ | 高畑勲さんが語った「戦争とアニメ映画」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!