« 黒焦げの三輪車が語る 原爆が奪ったものは日常と希望、いのちだった | トップページ | 女たちの戦争と平和資料館 事実と向き合って »

2005.08.13

平原綾香、名バラードをカバー 世代をつないで

 歌手の平原綾香さんが昭和50年代以降の名曲、バラードをカバーしたアルバムを11月2日に発売するという。

 8月5日に放送された、TBSテレビ放送50周年・戦後60年特別企画『ヒロシマ あの時、原爆投下は止められた いま明らかになる悲劇の真実』の主題歌になった「いのちの名前」のほか、「晩夏(ひとりの季節)」(荒井由実)、「言葉にできない」(オフコース)、「TRUE LOVE」(藤井フミヤ)、「あなたに」(安全地帯)、「いとしのエリー」(サザンオールスターズ)、「秋桜」(山口百恵)、「なごり雪」の8曲はすでに確定し、あわせて11曲のバラード集になるそうだ。アルバムタイトルは「From To」。

 コンサートや音楽番組で披露したカバー曲について、問い合わせが殺到し、300曲をこえるなかから、スタッフと本人が選曲したという。「晩夏(ひとりの季節)」と「いのちの名前」は両A面の先行シングルとして、9月28日に発売される予定(平原綾香オフィシャルwebサイト)。

 「秋桜」は1977年に発売され大ヒットに。当時17歳だった女子高生は、いま45歳。28歳で子どもをうんだとして、その子はいま17歳。歌い継がれる名曲、広がる会話、つながる想い出。

 お茶の間の象徴だった歌番組は消え、ウォークマン時代がすぐに到来し、子どもがどんな歌を聴いているのかさえ、わからない時代に。9月28日発売のシングルと、11月2日発売のアルバム。

 曲のすばらしさと圧倒的な歌唱力。世代をこえた影響力に、期待は高まる。

 平原綾香が初のカバーアルバム…300曲超から選曲
 (2005/8/12サンケイスポーツ)
 歌手、平原綾香(21)が11月2日に邦楽の名曲を歌ったカバーアルバム「From To」を発売することになった。「いとしのエリー」「秋桜」など名バラード11曲を選曲。平原の圧倒的歌唱力で、名曲の魅力を再発見させてくれそう。その先行シングルとして、9月28日に「晩夏(ひとりの季節)」を発売。原曲を歌った松任谷由実(51)の夫、松任谷正隆氏(53)がプロデュースを務めることも話題になりそうだ。(全文はこちら

【ブログ内関連記事】
7月29日のNEWS23に平原綾香出演!(2005/7/28)
世代をこえて 8月5日、TBS特番「ヒロシマ 戦後60年、悲しみと愛の歴史ミステリー」(2005/7/10)

« 黒焦げの三輪車が語る 原爆が奪ったものは日常と希望、いのちだった | トップページ | 女たちの戦争と平和資料館 事実と向き合って »

平和」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/5448504

この記事へのトラックバック一覧です: 平原綾香、名バラードをカバー 世代をつないで:

» 平原綾香 初のカバーアルバム [ブログで情報収集!Blog-Headline/enjoy]
「平原綾香 初のカバーアルバム」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみま... [続きを読む]

» From To - Ayaka Hirahara 3rd Album- [小さなファンタジスタの多角的視点]
本日発売の、平原綾香さん 3枚目のアルバム 「From To」 を購入。 今回のアルバムは、日本人の耳に馴染んだ11曲の秀逸曲を、 平原さんならではの優しい声でカバーしたものです。 これから、「音楽」のテーマの中で、私の感想をお伝えできればと思います。^^... [続きを読む]

« 黒焦げの三輪車が語る 原爆が奪ったものは日常と希望、いのちだった | トップページ | 女たちの戦争と平和資料館 事実と向き合って »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!