« アメリカにどこまで小泉は、私たちはついていくのか | トップページ | 劇場選挙、声が正確に届かない制度って? »

2005.09.09

曲と涙と男と女

 今日は9月9日、もうすぐ9時。「9条にカンパイ!」プロジェクトってのも、あります。もうちょっとアイディアあったらなーと思ったりもして、また昨日会議のあとにガブガブ飲んじゃったので、「参加」してませんが。

 そして明日は9月10日、ホワイトバンドデー。新しい、いろんなアクションがあるようです。もちろんバンドをつけるだけという、簡単な行動も含めて。ファミリーマートでも8月30日から販売してますが。

 さて、ここんとこ、ニッポンってサツバツとしてるなーと思うことがよくあります。街角、駅頭で。

 ちょうど一週間前の某駅前で、横断歩道を歩いていると、自転車が歩行中の女性にぶつかって、乗っていた男性サラリーマンが転倒。カーブしてつっこんできたその男が悪いのですが、おたがいに何の言葉もなく、すぎました。で、転倒して起き上がった男はまた自転車に乗ってすすもうとすると、また別の男性にぶつかりそうに。ここでも、会話はありませんでした。

 今日はお昼に、地下鉄のホームで。電車からおりてホームからと3人で出口へ向かおうと階段口に曲がると、血相を変えた女性が走ってきて正面からぶつかりそうに。発車する電車に乗ろうとして急いでいたようでしたが、乗れず、普通は「急いでたんですみません」とかあると思いますが、何の言葉も。

 ごめんなさいとか、すみませんとか、頭下げるとか、まったくない、サツバツとした世の中だなーと。がっくりきてます。

 で、やっぱり、説教くさく言うつもりもないのですが、「想像力」って大事ですよね。

 そんななか、「これが私の泣ける1曲」のアンケート結果を知りました。

発表!! "これが私の泣ける1曲"!(オリコン2005/9/9)

 週刊エンタテインメント誌「oricon style」は9月9日発売号で、読者及び、オリコンの自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】による、『タイプ別「これが私の泣ける1曲」』のアンケート結果を発表した。 (
全文こちら

 心理学とかまったくやってないんで、詳しいこと知りませんが、泣くってのは、やっぱり想像力からですよね。

 カラオケ行っても、最近の流行についていけなくなっているので、古い歌ばかり歌うんですけど、この辺なら何曲か知ってるし、歌えるなーと。

 でも、冒頭にふれたサラリーマンも、電車に乗れなかった女性も、たぶん何かの曲で涙すること、あるんですよね。

 「oricon style」9月9日発売号、手にしてみようと思いました。

« アメリカにどこまで小泉は、私たちはついていくのか | トップページ | 劇場選挙、声が正確に届かない制度って? »

音楽」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曲と涙と男と女:

« アメリカにどこまで小泉は、私たちはついていくのか | トップページ | 劇場選挙、声が正確に届かない制度って? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ツイッター

影響されてるよー

注目!