« 保育制度を守るアンパンチ! | トップページ | シュプレヒコールが響くなかで »

2005.11.03

電車に乗って思うこと 

最近、電車の中でいろいろ感じる出来事が。

日曜の昼、電車に乗って帰ろうと、車内に入って出入り口の脇によけたところ、後ろから背中にかなり強く頭突きをされまして。60過ぎの会社役員と思われる人でした。

ドアは閉まって、発車したものの、隣り合わせで立った状態で、

「すみません」の一言もないので、冷静に言いました。

私「いま強くぶつかりましたよ。謝らないんですか」

男「ぶつかるところにいるお前が悪い。人が乗れなくなるじゃないか」

私「真ん中にいたわけじゃなくて、よけてましたけど」

男「お前、真ん中にいたのに何言ってるんだ」

がっかりしました。

私「あの、初対面で、私は敬語を使ってるんですが、お前という言い方はないと思いますよ」

私「それと、真ん中にいたっていうのは違いますし、あなたの後ろには誰もいなかったし」

私「あなた、かなり酔っ払ってませんか。日曜の昼から」

ここで、私は別の車両に移りました。最後の一言の前にフラフラしていることに気づき、前をまったく見てなかったということがわかりましたから。それでも謝らないんです。

大した話ではありません。でも、譲る姿勢がまったくないです。

最近は信じられない事件が相次いで、今の親の教育が悪いとか、学校の先生に能力がないとか、インターネットが子どもに悪い影響を与えているとか、そんな声が大きくなっているように思います。

ちょっと待てよと。

あんたら、評論家かよ。テレビのコメンテーターかよと、言いたくなります。

子どもたちはコミュニケーションがうまくとれない、なんて言う大人に、そもそも言う資格があるのかと、あったまにきます。

歳が3回り近くも下なら、「お前」よばわりして、絶対自分が正しいと言い張る。譲る気なんてさらさらない。会社じゃ、えらいんだろうけど。家でも、えらいんだろうけど。

数日前にも、電車で恐ろしい状況をみました。平日の午後7時くらいだったでしょうか。

混んではいたけど、満員でもないという電車内で、2歳くらいの子どもが泣き出し、お母さんが抱いてあやしていました。

そのお母さんに対して、とがった視線が向かい続けました。少し離れた私から見て、少なくとも3人は徹底的ににらんでいまして。

大してうるさくもない程度で、犯罪者を見るかのような厳しい視線。

余裕がちっともない電車はおそらく社会の反映。

子どもを迷惑な騒音としか見ることができない、まったくゆとりのない電車は、どこにすすもうとしているのでしょうか。

« 保育制度を守るアンパンチ! | トップページ | シュプレヒコールが響くなかで »

社会」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。私も同感です。日本人はお互いに謝らなくなりましたね。社会に優しさがなくなりました。謝らないことが強いことだと誤解している。若い人の方が、まだ日本人の遺伝子の力が残ってて、まだましです。35~75の大人が一番よくない。私もこの、良くない世代ですけど。嫌中朝韓感情も同じ社会心理だと思います。

本当に世の中ぎすぎすしてますね。
成果主義になり、働いていても自分の働きはいくらか。なんて
いつもいつも考えているのでしょうね。
周りとの協力が薄れ、みんなが一人ぼっちになってしまっているのではないでしょうか?

おつかれさんです。
アンパンチ、結構良かったと思うよ。

それにしても、頭突きですんでよかった・・。気をつけてね。

電車の話題を拝見したのは、2度目ですが、2度目も、書き込みます。

>最後の一言の前にフラフラしていることに気づき、前をまったく見てなかったということがわかりましたから。それでも謝らないんです。
 この状況からすると、泥酔していて、頭突きをふくめて、本人は何もわかっていなかったことが考えられます。

 僕も、数年に一度でしかないつもりではありますが、朝方まで飲んでて、どこをどう帰ったのかわからず、しかし、目が覚めたら、ちゃんと、自分の布団の中にいた、ということはあります。携帯を落としたり、何かがあったことを予想される、膝や腕や、手の甲に怪我していたりします。マナーの議論以前、なのかもしれません。もちろん、弁解の余地はありませんが。

なんというか、上手いこと言えないんですが…
マンガ「サトラレ」で、似たようなシーンを見た憶えがあります。
コミュニケーションが正確であれば、人は間違いを起こすことが少なくなるのかなぁ…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/6870477

この記事へのトラックバック一覧です: 電車に乗って思うこと :

» 我が国民性(ある戦記より) [半共分子の独り言]
 『合理性を書くわが国民性は、やることなすことが行き当たりばったりで、相互の間に理屈が合わない。セクショナリズムの国民性は、ものをみる視野が狭く、やることが独善的である。因襲から容易に抜け切れない国民性は、気がついても、ただちに180度転換の進歩的革新を行うことが出来ない。熱しやすく冷めやすい我が国民性は、すぐ思い上がって相手を見下げる。かと思うと自主邁進の希薄に乏しい日和見的な国民性は、他力本願になりやすく、卑屈な事大主義ともなる。合理性を欠くために、希望と現実とを混同して、漫然とことに臨み、敗れ... [続きを読む]

« 保育制度を守るアンパンチ! | トップページ | シュプレヒコールが響くなかで »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!