« 映画と音楽と演劇と、30歳を前に | トップページ | うちの近くのスーパーのおにぎりの値段 »

2005.12.10

久しぶりにパチンコに興味というより、異議あり

今から10年位前、働く忙しい大学生でした。時間つぶしにパチンコやってた時期もありまして。私、ギャンブルの街で育ってまして、競馬は高校時代よく行きました。もちろん馬券も買ってました。中一の遠足が競馬場だったかな。中一で競馬場に遠足ってのは教育上どうなんだろうと、高校時代に馬券を買いながら、思っていました。

この8年くらいはギャンブルをほとんどやってません。1回か2回、パチンコをやったくらいでしょうか。すぐ飽きるタイプですから。

私がやってたときはCR「黄門ちゃま」などの機種が人気でして、キャラクターをおもしろく使って、リーチなどのアクションが工夫されていってました。

私、スポーツ新聞よく読みますが、ギャンブル記事はほとんど読みません。

でも、最近えっーーーと、ある機種について書いた記事に驚きました。

私が読んだ記事は日刊スポーツの数日前のものなんですが、web上では見つからないので、別のサンケイスポーツの記事をどうぞ。

・ホールで甦るアジアの歌姫「CRテレサ・テン」(2005/11/1サンケイスポーツ)

アントニオ猪木が出ようが、ウルトラマンが出ようがかまわないと思いますが、故人でパチンコとイメージがかみあわないはずの歌手がキャラクターになるってのは違和感大です。

しかも、名曲がリーチアクションに使われ、数字や絵柄のそろうそろわないの感情と交差するわけで。

リーチアクションは、「つぐない」より「空港」の方が信頼度(そろう確立)が高いんだとか。

テレサ・テン、絶対のぞんでないぞー。

« 映画と音楽と演劇と、30歳を前に | トップページ | うちの近くのスーパーのおにぎりの値段 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/7549654

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにパチンコに興味というより、異議あり:

« 映画と音楽と演劇と、30歳を前に | トップページ | うちの近くのスーパーのおにぎりの値段 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!