« 広島・長崎に行かない夏を前に | トップページ | 最近、電車やバスなどでマナーが悪くなったと思いませんか? »

2006.05.19

電車の車窓から

先日、電車に乗ると30代のお父さんと幼児の会話が続きました。

お父さん「あ、電車から外をみると、線路沿いの壁に落書きがみえるね」

幼児「うん、落書き。あそこにもある。落書きいっぱいだね」

お父さん「よし、落書きどれだけ見つけられるか競争しよう。見つけたら、落書き!って言うんだよ」

幼児「あ、落書き!」

お父さん「落書き!」

幼児「落書き!、落書き!」

こうして、十数個の落書きが10分足らずで発見されたのでした。

お父さん「なんで落書きなんかするんだろうね」

幼児「なんでだろうね。いけないよね」

あまりうまくない、スプレーによる大きな落書きが線路沿いに続いていることに、ふだんはあまり気づかないなか、親子の会話で改めてその多さを知りました。

また、父子の会話に、やってはいけないことが多く行われていること、やっていいこと悪いことの「教育」を垣間見たような気がします。

電車の車窓から、でした。

« 広島・長崎に行かない夏を前に | トップページ | 最近、電車やバスなどでマナーが悪くなったと思いませんか? »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/10137124

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の車窓から:

« 広島・長崎に行かない夏を前に | トップページ | 最近、電車やバスなどでマナーが悪くなったと思いませんか? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!