« 京都で感じた「平和」と「いのち」の大切さ | トップページ | 漫画「もう一度生まれたら、花に」 »

2006.06.22

冬至生まれで夏至を迎えた私

修理で戻ってきたパソコンも、修理前とほぼ同様の傾向がみえつつあるなか、また旅(修理)に出そうな予感もしています。

21日は、初めての団体交渉ダブルヘッダー(午後に1施設、夕方にまた別の施設)でした。

1つは、雨のち曇り、やや晴れ間、

もう1つは、雨のち大雨、やや雷でした。

日が長くなったなぁと感じてはいましたが、いつも見ているブログの1つで、21日が夏至(陽のあたる時間が1年で一番長い)ということに気づかされました。

こういう、たいしたことはないけれど気づかされること、私にとってはブログのチカラです。

ちなみに私、冬至が誕生日。

夜が一番長い日に生まれた私が昼が一番長い日を迎えました。

そう、三十路の私も、30.5歳になったということでもあります。

お昼に寄った、東急ハンズの宴会グッズが結構おもしろく、2点買ってしまいました。

« 京都で感じた「平和」と「いのち」の大切さ | トップページ | 漫画「もう一度生まれたら、花に」 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/10627643

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至生まれで夏至を迎えた私:

« 京都で感じた「平和」と「いのち」の大切さ | トップページ | 漫画「もう一度生まれたら、花に」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!