« 被爆者の要望を聞く会、5年連続で欠席か | トップページ | 「夕凪の街 桜の国」8月5日にラジオドラマ放送 »

2006.07.18

差別と貧しさ、親子の絆をかみしめた「カーテンコール」

昨日は天気と体調がよくなかったので、ビデオレンタル店へ。

6月21日にDVD・ビデオが発売され、レンタルも解禁となった映画「カーテンコール」をかりて観た。

公開時に観ようと思っていて、観そびれた作品だった。

なつかしく、せつなくて、あたたかい。差別と貧しさ、家族の絆を描いた映画。

映画の隆盛と衰退、観衆の笑顔と落胆、親子愛と在日朝鮮人差別に向き合う展開に、圧倒され続けた。

山口県下関・長府が舞台で、お隣の北九州市門司・小倉で生まれ育った私の方言と近く、その意味でもなつかしかった。

私の地域でも、「在日」の人への風当たりはすごかった。私の母でさえ、「あの家は・・・」と半ば見下して言うことがあったし、義父の口からも「チョン」という言葉が何度か出ていたと記憶している。

今から20年前でさえ、ひどかった。

厳しさのなかで、断たざるをえなかった親子関係。30年たっても結ぶことのできた絆。

記者が学生時代と重ねて省みる自分の思い出のなかの「在日」。結び直す父との絆。

観終わったあと、偶然、数ヶ月ぶりに母から電話があった。

「カーテンコール」、私の中、私の国、いまの時代だけに絆があるのではないということを教えてくれた。

コミック「夕凪の街 桜の国」の映画化に際し、メガホンをとる佐々部清監督の作品を「チルソクの夏」に続いて観ておきたかった。

みなさんにもぜひおすすめしたい。

« 被爆者の要望を聞く会、5年連続で欠席か | トップページ | 「夕凪の街 桜の国」8月5日にラジオドラマ放送 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/10996266

この記事へのトラックバック一覧です: 差別と貧しさ、親子の絆をかみしめた「カーテンコール」:

« 被爆者の要望を聞く会、5年連続で欠席か | トップページ | 「夕凪の街 桜の国」8月5日にラジオドラマ放送 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!