« 映画「夕凪の街 桜の国」、キャストは来週のスポーツ紙で | トップページ | ブログ開設2年が見えてきて »

2006.07.16

牛めし屋での出来事

きのうの夜、定食を食べようと牛めしの「松○」へ。

時間帯が遅かったので、お客は数人だった。

職場の近くのお店の店員はほとんど中国出身のようだけど、うちの近くは住宅街なので日本人しか見たことがない。

深夜から朝まで、牛めし屋にあまりない清潔感を漂わせて働いている20代の女性店員がきのうもいた。

そこへ筋肉ムキムキの男性客が入ってくるなり、その店員を怒鳴り散らした。酒臭かったので、店内に漂っていた清潔感はかき消された。

「おめぇよ、弁当買ったのに、なんで箸が入ってねぇんだよ。家まで帰って気づいたんだよ。わざわざ戻ってきたんだぞ。どうしてくれるんだ?もう1つ買うからな、絶対箸を入れろ。そして、謝れ」

「大変申し訳ありませんでした」

動揺を見せずそつなくふるまう店員に対し、男は一度持ち帰った弁当を手に、さらに販売機で牛めし弁当の食券を買った。

奥で男性店員がすばやく牛めし弁当を1つつくり、箸を2つ手にした女性店員に渡し、その男の手に2つ目の弁当が渡った。

帰り際、その男は言い残した。

「いいか、弁当に箸をつけるの、忘れるなよ」

このやりとりでおかしな点。

・牛めしの「松○」は、箸やスプーン、たれ類はコーナーからセルフでお客がとることになっている。

・その説明が店員からなかったとしても、どなり散らすことなのか。

・男はラフなスタイルで、自宅で食べようとしていた。家に箸はなかったのか。

・箸を取りに店に戻って、もう1つ弁当を買う必要はあったのか。

箸にも棒にも掛からない男との遭遇だった。

割り箸は基本的にお店が自動的につけない。必要な場合は客が箸をつけてと頼むということにする。チェーン店でつくる協会などがそれを徹底する。どうだろう。

原則的にそうなっているお店も増えてるけれど、箸がついて当たり前、使わなくてもゴミ箱へという現状。

箸の上げ下ろし、だろうか。

「もう1つ買うからよ・・・」という思わぬ展開と、最後の捨て台詞にはちょっと笑ってしまったけれど、店員は大変。

牛めし屋での一コマだった。

« 映画「夕凪の街 桜の国」、キャストは来週のスポーツ紙で | トップページ | ブログ開設2年が見えてきて »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/10965235

この記事へのトラックバック一覧です: 牛めし屋での出来事 :

« 映画「夕凪の街 桜の国」、キャストは来週のスポーツ紙で | トップページ | ブログ開設2年が見えてきて »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!