« ただ、そのひとことが言えなくて夏 | トップページ | さだまさし吠える「米国の属国であることに、国民は気付いているのか」 »

2006.08.17

立ち上がることの大切さ 3つの洋画がレンタルリリースへ

 この1、2年、映画を観るようになった私。

 今年、上半期に観た映画、洋画で特に感動したのは3つ。

 全米初のセクハラ訴訟という事実にもとづき、不条理に対してたたかうことの大切さを示した「スタンドアップ」。この映画は6月にDVD・ビデオが発売&レンタルリリースされ、レンタル店にもすでにならんでいる。

 独裁国家の抑圧の行く末と抵抗の姿を時に逆説的に描いた「Vフォー・ヴェンデッタ」はDVD・ビデオが9月8日に、弾圧への抵抗と守るべきものと生きていく意味を問う「白バラの祈り」は9月22日に発売&レンタルリリースされるという。

 インターネットなどの普及により、情報の地域間格差はなくなったといわれているが、映画の公開や上映期間、映画館へのアクセスなど、文化的な格差はいまだに大きいと思う。

 ただ、ビデオやDVDなどの普及は広がり、レンタルという形である程度うめられるようにもなっている。

 この3作品に共通するのは、抑圧に負けないたたかい、それなしに権利の維持・向上はないということ。

 想像力や抵抗する連帯を失いがちないま、これらの映画から得られるものは大きいとあらためて思う。

【ブログ内関連記事】

映画「スタンドアップ」 立ち上がるということ(2006/2/11)

映画「白バラの祈り」 強さとは、生きる意味とは?(2006/3/18)

« ただ、そのひとことが言えなくて夏 | トップページ | さだまさし吠える「米国の属国であることに、国民は気付いているのか」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/11484286

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち上がることの大切さ 3つの洋画がレンタルリリースへ:

« ただ、そのひとことが言えなくて夏 | トップページ | さだまさし吠える「米国の属国であることに、国民は気付いているのか」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!