« すばらしい仲間たちとの2日半 | トップページ | 11月の沖縄県知事選、糸数慶子さんを応援します »

2006.09.18

ネットに職の百科事典 広くて深い

仕事って、こんなにたくさんの種類があるんだ。

9月16日の朝日新聞夕刊「ネットに職の百科事典 500超す仕事 適性や賃金公開」という記事で紹介されたサイト「キャリアマトリックス」が興味深い。

職種の内容、賃金水準、平均年齢、その仕事に必要な資格と適正などが細かく掲載されていて、関連サイトへのリンクも充実している。

お仕事図鑑にとどまらず、仕事の模様を動画でみることもできる。

ちなみに私の適職は?

宗教家や事務員となりました。。。

宗教?まったく信じてないのに。。。

ちなみに、保育士は

労働時間(平均)=176時間/月
賃金(平均)=327.77万円/年
年齢(平均)=32.3歳
となっております。月の平均超過勤務5時間。。。実態は違うわけですが。

みなさんの職種、どう掲載されていますか。また昔のあこがれの職業は?

統計データにもとづく詳細の年齢構成なども載っていて、はまってしまいます。

ネットに「職の百科事典」 504職業の適性・賃金公開(2006/9/16朝日新聞夕刊)

 500を超える職業を紹介する情報データベース「キャリアマトリックス」を、独立行政法人の労働政策研究・研修機構がインターネットで公開し始めた。仕事の内容や平均的な賃金、労働時間だけでなく、どんな人が向いているかなど、多面的な情報を発信する、いわば「職の百科事典」。就職に悩む若者や転職に迷う人に役立ててもらう狙いだ。

 データベースは、働く人約50万人、約600の職業団体などから情報を収集、5億円を投じ、5年かけて開発した。

 網羅した職業は504。日本の労働者全体の9割がこれらの職業に就いている。パイロットやモデル、スポーツ選手、料理人、宗教家、アウトドアインストラクターなど多彩だ。それぞれ「どんな職業か」、就職要件や資格を解説した「就くには」、「労働条件の特徴」などをまとめている。国勢調査などをもとに計算した平均的な賃金、年齢などもわかる。動画で実際の仕事風景を見せるホームページともリンクしている。

 また、「外国で働く」「美的センスを生かせる仕事」など、漠然とした希望から適職を探すことや、これまでの職歴を生かした転職先があるのかを探すことも可能だ。

 情報量は、同機構が出版している日本最大の「職業ハンドブック」の約6倍。開発にあたった吉田修統括研究員は「世界最大級の『職の百科事典』だ」と話す。将来はハローワークなどの職業紹介サイトなどともリンクする計画だ。24時間無料。

« すばらしい仲間たちとの2日半 | トップページ | 11月の沖縄県知事選、糸数慶子さんを応援します »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/11949207

この記事へのトラックバック一覧です: ネットに職の百科事典 広くて深い:

« すばらしい仲間たちとの2日半 | トップページ | 11月の沖縄県知事選、糸数慶子さんを応援します »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!