« いじめ発言、海外出張、四男登用 450件の石原批判の都民の声が | トップページ | 12月10日、NHKスペシャル「ワーキングプアⅡ 努力が報われる社会ですか」 »

2006.11.27

30代男性3人に1人が1日の半分以上仕事

 半日以上働いている人が30代男性では3人に1人。

 働きすぎの実態が明らかになりました

◇1日の半分以上仕事が28% 男性会社員、生活にゆとりなし(2006/11/26共同通信)

 首都圏と関西圏に住む男性会社員の28%が、平均で1日12時間以上を仕事に割いていることが連合のシンクタンク、連合総研(東京)の調査で26日、分かった。特に30代では3人に1人が1日の半分以上を仕事に取られていると答えた。
 残業する理由は「仕事量が多い」が最も多く、大半の人が趣味や休息の時間を求めていた。押し寄せる仕事に長い時間を割かれ、生活のゆとりが失われているサラリーマンの姿をうかがわせた。
 調査は9-10月、民間企業に勤務する20-50代の男女900人に質問を郵送し、772人から回答があった。
 通勤時間を除き1日に仕事に割く時間の平均は9・5時間。男女別では男性が10・5時間、女性が7・9時間だった。
 1日12時間以上と答えたのは全体の19%。男性は28%、女性は5%と、男性の“仕事人間”ぶりが際立った。男性を年代別にみると、20代は29%、30代33%、40代30%、50代18%だった。
 残業する理由は「仕事量が多い」が49%と最多。次いで「突発的な仕事がある」40%、「仕事の繁閑の差が大きい」23%の順に多かった。
 一方で残業代が全額支払われていると回答したのは52%と、半数にとどまった。ただ働きのサービス残業となる理由を聞くと「上司の対応など雰囲気で残業手当を申請しにくい」が最多だった。
 増やしたい生活時間では81%が「趣味・スポーツ」と回答。「休息・くつろぎ」(70%)、「家族・恋人と過ごす」(61%)と続き、休息や家族とのだんらんも十分に取れない実態が浮かんだ。

 通勤時間を除き、ですからね。

 この働きすぎを助長する労働法制「改正」の動きもすすみつつあります。

 美しい国?どうなんでしょう。

 調査結果の詳細は下記

連合総研「第12回勤労者短観」(2006年10月実施)

« いじめ発言、海外出張、四男登用 450件の石原批判の都民の声が | トップページ | 12月10日、NHKスペシャル「ワーキングプアⅡ 努力が報われる社会ですか」 »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/12840584

この記事へのトラックバック一覧です: 30代男性3人に1人が1日の半分以上仕事:

» 仕事が増えてるって、ホント!?~仕事1日12時間以上28%首都圏関西圏サラリーマン~ [なんで屋カード工房]
こんにちは~:m021:やまずんです:m230: なんで屋カレンダーの売れ行きも... [続きを読む]

« いじめ発言、海外出張、四男登用 450件の石原批判の都民の声が | トップページ | 12月10日、NHKスペシャル「ワーキングプアⅡ 努力が報われる社会ですか」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!