« 志村けんさんのおすすめ「運動靴と赤い金魚」 | トップページ | 「母親は家庭で」という安倍側近発言の影響は? »

2006.11.05

宮崎あおいさんも『この国が好き』

主演映画「ただ、君を愛してる」が10月28日から公開中の宮崎あおいさん

本の特集誌・月刊『ダ・ヴィンチ』11月号の表紙と、巻末「Studio Interview」に登場している。

11月6日に12月号が発売なので、ちょうど、もう店頭にはないけれど。

16頭のパンダが撮影された『コパンダちゃん』(菅野ぱんだ リトルモア)をメインで紹介。

さらに『この国が好き』(著:鎌田實 マガジンハウス)を選んできたという。

この絵本については好き嫌いはわかれるとは思うけれど、私もふれたことがある。

『この国が好き』非戦の誓いのすばらしさ(2006/7/11)

20歳の彼女は、
いま、憲法を改正する議論が起こっているけれど、私は戦争をしたくはないから、この憲法を変えることに反対。でも、そのために私には何ができるんだろう?って考えるようになったんです。まさか国会に乗り込んでいくわけにもいかないし(笑)、結局何もできないまま『嫌だ、嫌だ』と思っているだけなのかな?って。でも、この本を読んで、こういう本が存在することが嬉しくて。私がどうしたらいいのかわからなかったことが、きちんと書いてあったんです」という。

兄で俳優の宮崎将さんとのインド旅行で、カーストが残る村やスラム街を歩き、人々と出会って感じたこと。それを6月に『たりないピース』(著:宮崎あおい、宮崎将 写真:森本美絵 小学館)という本にまとめ、出版。1冊70円が寄付されるということも示したこのホームページにも惹かれる。

早速、注文した。

インドでの葛藤にもふれながら、「知って、そこから自分が何をできるかを考えなくちゃ」と前向きだ。

映画、観にいこうかなぁ。

« 志村けんさんのおすすめ「運動靴と赤い金魚」 | トップページ | 「母親は家庭で」という安倍側近発言の影響は? »

平和」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/12571633

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎あおいさんも『この国が好き』:

« 志村けんさんのおすすめ「運動靴と赤い金魚」 | トップページ | 「母親は家庭で」という安倍側近発言の影響は? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!