« 「美しい国」「豊かな国」??? | トップページ | 参院選実質スタート、東京選挙区から川田龍平、比例で斎藤貴男 »

2007.01.02

1月2日の年賀状配達に思う

今日は新聞休刊日。

コンビニやファストフード店などをのぞけば、休眠中という状況。

それでも、民間の運送サービスは動いている。

「官から民へ」の掛け声に危機感を感じたのか、郵便局も1973年から2004年までおこなっていなかった年賀状や郵便の配達を2005年から始めた。

1月2日にも年賀状が届くという社会は、ゆとりを奪っていると思う。

何でも24時間動くのがあたり前、多様な生活があるからすべてにあわせて当然という風潮。

小さな隙間に何でも収納ケースを突っ込むような、小さなスペースに3台程度のコインパーキングをつくるような、なにか、そんな余裕のなさ。

私自身、元日に新聞配達をしたことがあるし、夏のお盆前後に飲料品の配送補助の仕事をしたこともある。

とにかく慣れないことが厳しくて、次の日の休みをぐったり過ごした記憶がある。

新聞や年賀状などを配る人にも配られる人にもあるべき「気配り」。その気配りが休みなく配達されることや、とにかくスピード重視で完結することだけでは、さみしいと思う。

« 「美しい国」「豊かな国」??? | トップページ | 参院選実質スタート、東京選挙区から川田龍平、比例で斎藤貴男 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/13304525

この記事へのトラックバック一覧です: 1月2日の年賀状配達に思う:

« 「美しい国」「豊かな国」??? | トップページ | 参院選実質スタート、東京選挙区から川田龍平、比例で斎藤貴男 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ツイッター

影響されてるよー

注目!