« 今度の都知事選では吉田万三さんを支持します | トップページ | 忙しすぎて2週で4つか、、、 »

2007.01.18

3年前に比べて1兆円も増えたのは

大きな企業ほど利益があがり、中小は厳しい経営を迫られている。

格差社会の構図は、自治体の税収にもあらわれる。

大企業の本社が多くある東京都の税収が伸びている。

加えて、都民や事業所に対する徴税率も上がり、税収はなんと。

06年度は4兆9千億円の見込み。

都の税収、過去最高の4兆9千億円に バブル期上回る(2007/1/18朝日新聞)

 東京都の06年度の税収額が約4兆9000億円に達し、バブル期を上回る過去最高額になる見通しであることが17日、わかった。景気が回復して法人関係の都税額が順調に増えているためで、3年前に比べて1兆円増えた。都が昨年12月にまとめた新年度予算案の一般会計は、好調な税収を織り込んで前年度から7%増の6兆6000億円を計上。都によると、ベルギーの国家予算並みで、タイの国家予算の2倍近い。

 大企業の本社が都に集中しているため、法人2税(法人事業税・法人都民税)が都税全体の半分近くを占める。これまでの都税収入のピークはバブル末期の91年度の約4兆8500億円。その後は景気低迷にともない落ち込んだ。過去5年で最低だった03年度の都税収入は約3兆9000億円。3年間で約1兆円伸びた。05年度と比べても約3000億円増。

 都は滞納者からの差し押さえ品をインターネットで売って未収分に充てる制度をいち早く導入。差し押さえ自動車の車輪をロックする器具も独自に採用した。こうした努力で徴税率も10年間で7.4ポイント向上。今年度はまだ確定していないが、昨年度(97.8%)を上回る見込みだ。

 国には、都の税収増に目をつけ、税制改正などで都税の一部を地方に配分する動きがある。このため都側は、「地道な徴税努力もしている。東京だけが楽して金持ちになったと誤解されては困る」と牽制(けんせい)に躍起だ。

バブル期の最高水準をこえたという。

さらに、3年前に比べ、都税収入が1兆円も増加しているのだ。

それによって、大幅に東京都の事業が都民に役立った。

そんな実感はありますか。

« 今度の都知事選では吉田万三さんを支持します | トップページ | 忙しすぎて2週で4つか、、、 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/13567540

この記事へのトラックバック一覧です: 3年前に比べて1兆円も増えたのは:

« 今度の都知事選では吉田万三さんを支持します | トップページ | 忙しすぎて2週で4つか、、、 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!