« 小説「夕凪の街 桜の国」も発売 | トップページ | 福祉人材 この賃金ではもたない »

2007.07.07

映画「夕凪の街 桜の国」試写会へ

 今日、待ちに待った、映画「夕凪の街 桜の国」の試写会の当選ハガキが届いた。

 うれしい。7月12日に日本教育会館にある一ツ橋ホールでの試写会。

 ある専門紙の試写会告知に応募して、ゲットしたもの。

 2名さままで行けると言われても困るけれど。

 同時に、あと3つ応募したものが、当たらないことを祈りたい。 当たったら譲りたい。

 映画の公式ホームページに、7月4日付で俳優・吉永小百合さんのコメントが掲載されている。

 もっと早く戦争が終わっていたら、広島、長崎に
 原爆は落とされなかったのです。
 どんな戦争にも正義はありません。
 一人でも多くの方に、この映画を観て頂きたいと思います。
 そして、二度とこのような悲劇が起きないように願っています。
 
                             吉永小百合

 
 「しょうがない」が口癖といい、原爆投下も「しょうがない」とし、選挙への影響を理由に辞任した大臣とは響きが180度違う。原爆について現行憲法の下でも「小型なら持てる」と言い放ったことのあるオボッチャマ総理とも違う。

 人として生きる、生きたい。そんなせつなさとすばらしさを描いてきた佐々部清監督と、見込まれたキャスト、支えたエキストラなど、関係者の思いが凝縮されたと思われる、この作品にやっと、やっとふれることができる。

【ブログ内関連記事】

小説「夕凪の街 桜の国」も発売(2007/7/5)

東京の地下鉄でみつけた「夕凪の街 桜の国」(2007/6/25)

桜舞う「夕凪の街 桜の国」(2007/2/18)

映画「夕凪の街 桜の国」 カンヌ出品など国内外へ(2006/9/20)

キャスト決定!映画「夕凪の街 桜の国」(2006/8/8)

映画「夕凪の街 桜の国」、キャストは来週のスポーツ紙で(2006/7/15)

「夕凪の街 桜の国」8月に広島ロケ 07年夏公開へ(2006/6/28)

映画化へ コミック「夕凪の街 桜の国」(2005/2/11)

「夕凪の街 桜の国」 こうの史代ファンページ掲示板を読んで(2005/1/21)

本の紹介「夕凪の街 桜の国」(2005/1/6)

« 小説「夕凪の街 桜の国」も発売 | トップページ | 福祉人材 この賃金ではもたない »

平和」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「当たったら譲りたい」ってことなら、あたくしに頂戴っちゃ。
以前は、試写会応募してよく当たっていたのに、最近はめっきり当たらず!

広島・長崎に寄せる関心が、もっと高まって欲しいですね。
僕はこの夏 広島⇒長崎の道のりを、自転車で走ることにしました。
  http://genchari-chu.mo-blog.jp/blog/ (ブログ頁)

「ちゅうちゃん 9ちゃん 自転車でGO」 と銘打って、
 平和への想いを自分たちなりに形にしようと試みてみます。
応援メッセージを頂けると嬉しいです。  宜しくね。

   ちゅうちゃん

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/15681709

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「夕凪の街 桜の国」試写会へ:

» 長崎原爆忌 [Epsiloncafe]
北九州が舞台になった原爆を題材にした拙著 児童向け小説「ぼくたちの空とポポの木 [続きを読む]

» 夕凪の街 桜の国 映画画像送ります [YYFFFDD]
[cinema]『夕凪の街 桜の国』こうの史代の『夕凪の街 桜の国』*1の映画化。当然既読。出演は、田中麗奈、麻生久美子、中越典子、藤村志保、堺正章ら。 原作を再構成したかの様にちょい違いが大きい。つか、「夕凪の街」と「桜の国」とバッチリ区切ってしまうのはなんでかなー。 ...(続きを読む) 夕凪の街 桜の国 /こうの史代すべての日本人。 ならず世界中の人に読んでもらいたい作品。 いつか自分に子供が産まれたらその子にも読んでもらいたい。 いま、 自分が生きてるって事は、 私が生まれるずっ...... [続きを読む]

« 小説「夕凪の街 桜の国」も発売 | トップページ | 福祉人材 この賃金ではもたない »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!