« 声が届かない選挙って? | トップページ | 「世界がもし・・・5」、おとなの都合で働かざるを得ない子どもたちの姿に »

2007.07.20

麻生久美子が語る「夕凪の街 桜の国」

朝日新聞「be」evening(2007/7/20夕刊)の紙面(webはさわりのみ)を読んでいただきたい。

「別々の役を演じたつもりでも、遠めで見ると似たようなものばかり。自分の芝居も好きじゃなかったし、そう思いながらお客様にお見せするのも申し訳なくて・・・・・・。真剣に引退を考えて悩んでいました」

そう語る女優・麻生久美子さんの転機になったのは、テレビドラマ「時効警察」と、7月28日公開の映画「夕凪の街 桜の国」(広島21日先行公開)。

原爆で生き残ったうしろめたさを抱えて生きるヒロイン・皆実役を演じた。

「私には想像もつかない心の傷を抱えているのに、皆実は前向きでおちゃめでたくましい。『これだけは私がやりたい!』と初めて思った役でした」と語る。

原爆投下について「しょうがなかった」という言葉に「なぜそんなことが言えるんだろう。許せません」とし、

「私も、戦争のことは怖いから見ずにすませようとしてきた。でも、私たちが知らなければ、下の世代に伝える人がいなくなる。そのことの方がずっと怖くはないですか」とも。

購読されている方は、朝日新聞夕刊紙面(ぜひぜひ)を。

そして、7月28日公開の「夕凪の街 桜の国」を。

公開初日限定で「夕凪の街 桜の国」クリアファイルのプレゼントも。

« 声が届かない選挙って? | トップページ | 「世界がもし・・・5」、おとなの都合で働かざるを得ない子どもたちの姿に »

平和」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/15825627

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生久美子が語る「夕凪の街 桜の国」:

» 映画「夕凪の街 桜の国」公開間近! [かわうそ実記]
電車に乗った時、車内広告を見て、『漫画アクション』8月7日号を買ってきました。 [続きを読む]

« 声が届かない選挙って? | トップページ | 「世界がもし・・・5」、おとなの都合で働かざるを得ない子どもたちの姿に »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!