« 被爆後10年間、被爆者はどう生きてきたのか | トップページ | 日本の青空の雲行きが »

2007.09.22

姉妹置き去りで2年間保育園に

また私の故郷・北九州市小倉での保育をめぐる事件が大きく報道されています。

【報道記事】

・保育園に2年置き去り 北九州市姉妹保護 園長、市に報告せず(2007/9/22西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/20070922/20070922_015.shtml

・姉妹保護:5歳と4歳、保育園に2年間も預けられたまま(2007/9/22毎日新聞)
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070922k0000m040118000c.html

・保育所で2年間生活、5歳と4歳の姉妹保護…育児放棄か(2007/9/22読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070921i316.htm

24時間保育の無認可保育園で、4歳と5歳の姉妹が2年間園で生活していたそうです。

離婚した両親にも事情があるようで、母親は借金を抱えて昼夜働き、体調も悪くし、父親は住所不定とのこと。

職員は4人(非常勤含む)、子どもは13人。保育料は月3万と報じられています。

無認可で補助金はおそらく微々たるもので、今回の判断をした園長の献身的な努力で支えられてきたものと思われます。

24時間保育園が他園に比べて保護者に余裕がないとは言え、2年間保育園に姉妹がずっと暮らしていて、他の保護者が誰も気づかないということはないでしょう。

置き去りにして連絡さえとらないこと自体が虐待で、園も通告すべきだったと思います。

しかし、何がただしく、何が悪いのか、今回のケースは難しい面もみられます。

そんな私自身も、幼稚園に通う前は、この園ではありませんが市内の夜間の託児所に預けられていました。

子育てへの行政支援の貧しさ、子育てすることへの親の感覚の薄さ、営利でなく非営利でやっても厳しい無認可保育園の運営のなかで向き合う職員と子どもたち。。。

まだ第一報なので報道内容から決め付けることはできませんが、考えさせられる事件です。

« 被爆後10年間、被爆者はどう生きてきたのか | トップページ | 日本の青空の雲行きが »

保育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/16529544

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹置き去りで2年間保育園に:

» 保育園に2年置き去り 北九州市姉妹保護 [王様の耳はロバの耳]
保育園に2年置き去り 北九州市姉妹保護 園長、市に報告せず(西日本新聞) - goo ニュース 何とも悩ましい問題である。 北九州市の保育園で5歳と3歳の姉妹が、2年間園で保育されていた。原因は両親の貧困と離婚が元で預けっぱなしになった様だ。 市に通報あり、この姉妹を児童相談所に保護したそうである。 {/usagi/} 爺は園長が記者会見してる様子をニュースでちらと見た。 大勢の記者を前にして年配のご婦人が責められている印象であった。最後の方で「養子にしても(面倒を見ようと思っていた)」と発言して... [続きを読む]

« 被爆後10年間、被爆者はどう生きてきたのか | トップページ | 日本の青空の雲行きが »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!