« 野球の借金生活を「ワーキングプア」と言うな | トップページ | 福祉・保育の切り下げ 首相に踏ん張られては困る »

2008.06.17

時の大臣の判断で

約100人いる死刑確定囚のなかで、また確定後執行まで約8年といわれるもとで、宮崎死刑囚は、死刑確定後2年4ヶ月というものだった。

先日の、秋葉原の事件に対する、制裁として行われたとみていいと思う。

鳩山法務大臣は「数日前に決断した」とも言っている。

過去の大臣のなかで、鳩山大臣の死刑執行の判断ペースは異例だ。

大臣は、蝶やポメラニアンなどの愛護でも知られる一方、「友達の友達はアルカイダ」とも言う。

だからというわけではないけれど、別の犯罪が起き、違う事件の犯罪者がすぐ国家によって、また時の情勢によって、他の死刑囚より極端に優先して殺された。

裁判制度について、国民的論議がおこなわれてこなかったなかで、裁判員制度の導入は早すぎるのではないか。

私は、宮崎死刑囚は、終身刑等のない現状では死刑でやむを得ないと思う。

宮崎死刑囚には、犯罪への憤りを感じ、そして極度の許せない怒りを覚える。

ただ、時の政治、内閣の支持をあげようと、処刑するいまの空気には違うと言いたい。

« 野球の借金生活を「ワーキングプア」と言うな | トップページ | 福祉・保育の切り下げ 首相に踏ん張られては困る »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/41565204

この記事へのトラックバック一覧です: 時の大臣の判断で:

« 野球の借金生活を「ワーキングプア」と言うな | トップページ | 福祉・保育の切り下げ 首相に踏ん張られては困る »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ツイッター

影響されてるよー

注目!