« 「日米開戦」「東京大空襲」 | トップページ | 派遣切りの裏で内部留保が17兆から33兆 »

2008.12.23

隠さない 幸不幸は他人が決めることではない

隠さない。

ソウルオリンピック(1988年)女子1万メートル代表で、マラソン選手としても活躍したタレントの松野明美さん。

今日のasahi.comの報道によれば、松野さんの次男がダウン症だということを告白し、同様の境遇にある母親などに共感が広がっているという。

福祉分野の仕事をしている私は、子どもが障害を持っているという有名な元スポーツ選手や芸能人を何人か知っている。

そのことを隠さず、自身の講演などで話す人もいる。

松野さんについての報道では、あの明るさの裏にあった苦悩と決断、変化に驚かされた。

◇うちの子はダウン症です 松野明美さん、告白に共感の輪
(2008年12月23日12時32分 asahi.com)
http://www.asahi.com/national/update/1222/SEB200812220006.html

 ソウル五輪陸上1万メートル代表でタレントの松野明美さん(40)=熊本県植木町=は、次男の健太郎ちゃん(4)がダウン症だ。周囲の目を気にしてこれまでずっと隠してきたが、今秋、テレビで告白した。成長し、笑顔を見せる健太郎ちゃんが人生観を変えてくれたからだ。

 熊本県大津町の小学校で今月あった教育講演会。松野さんは小学生や保護者ら約800人を前に、長距離走を始めたきっかけや厳しい練習、五輪の思い出を冗談を交えて話した。そして切り出した。

 「ダウン症を知っていますか。うちの健太郎はダウン症です」。病弱で体が小さいこと、それでも一生懸命がんばっていること、3歳で歩けるようになったときの感動。「人生は、一番でなくてもいいと気づいた。その人のペースで、ゴールを目指せばいいと」

 健太郎ちゃんは出生時、2700グラムあったが、血色が悪く泣き声はか細かった。集中治療室に入り、退院まで3カ月かかった。ダウン症で、心臓奇形で心肺機能が低下する病気があり、手術が必要だと告知された。

 「どうして私の子が」。事実を受け入れられなかった。不安になり、夜中に突然泣いたりした。ダウン症の子がいるのは人生では負けだと思った。タレントとして明るいイメージが崩れるのを恐れた。

 一緒に外出するのは避け、やむを得ない場合は隠すようにして車に乗せた。病院では帽子を目深にかぶってうつむき、松野明美だと気づかれないようにした。

 そんな松野さんを、夫でマネジャーの前田真治さん(40)は「受け入れられるまでに時間がかかるだろう」と見守った。そして積極的に長男の輝仁ちゃん(6)と健太郎ちゃんを外に連れ出した。

 体重が10キロになった2歳半のとき、健太郎ちゃんは福岡市立こども病院で心臓の手術を受けた。松野さんは過去のどのレースよりも緊張して待った。手術は成功し、血色は徐々によくなった。少しずつ元気になり、無邪気な笑顔の健太郎ちゃんに、癒やされていく気がした。「ダウン症なら不幸なのか。幸不幸は他人が決めることではない」と気づいた。

 「隠してきたのは結局、体裁をつくろうため。自分のことばかりで、健太郎のことを考えていなかった」と反省。隠す必要はないと思えるようになった。

 そんなころテレビ関係者から、健太郎ちゃんのことを話さないかと打診された。前田さんとも相談し、決意した。10月にTBS系のバラエティー番組「復活の日」初回のスペシャルが放映されると、電子メールや手紙が200通以上届いた。9割はダウン症や自閉症の子どもがいる家族からだった。共感や励まし、自分たちの体験をつづっていた。

 「公表してよかった。思いを同じにする多くの仲間ができた」。26日は健太郎ちゃんの5歳の誕生日。「生まれてくれてありがとう」。そう言ってあげるつもりだ。(宮田富士男)

« 「日米開戦」「東京大空襲」 | トップページ | 派遣切りの裏で内部留保が17兆から33兆 »

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/43506913

この記事へのトラックバック一覧です: 隠さない 幸不幸は他人が決めることではない:

« 「日米開戦」「東京大空襲」 | トップページ | 派遣切りの裏で内部留保が17兆から33兆 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!