« 世界の子どもたちのために | トップページ | お茶の間は「派遣切り」批判に手厳しい »

2009.01.18

クロストーク 最低賃金1000円に

労働組合の連合も全労連も最低賃金1000円以上の実現をと主張しています。

しかし、世間の共感はまだまだ得られていないように思います。

スローガンを掲げることは大事ですが、その論理が理解されていないのではないでしょうか。

丁寧な論理立てという点では、何度か紹介している、

毎日新聞 勝間和代のクロストーク(2009/1/9)
http://mainichi.jp/select/biz/katsuma/

が「最低賃金1000円に増額」をテーマに議論をよびかけています。

私は、基本的に賛成です。

労働組合の関係者は、ここに寄せられている100以上(1月18日現在)のコメントに目を通すべきで、組合員を導く大きな労組の役員ともなれば、投稿も寄せるべきでしょう。

そこに共感が寄せられるかどうか。

自らの主張を書いたチラシを配ることも、マイクで通行人に訴えることも大切な手段です。

が、一方的な手段であることも確かです。

双方向のやりとりで、しかも、労働組合が共通して掲げるテーマ。

どのような反応が示されるでしょうか。注目です。

« 世界の子どもたちのために | トップページ | お茶の間は「派遣切り」批判に手厳しい »

社会」カテゴリの記事

コメント

なかなかエエ記事の紹介や!
ナイス。

全部読んでへんけど、役にたつというか、勝間さんの提起に反響があることが素晴らしい。

あんたは、書いたんか?コメント。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロストーク 最低賃金1000円に:

« 世界の子どもたちのために | トップページ | お茶の間は「派遣切り」批判に手厳しい »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ツイッター

影響されてるよー

注目!