« 「泣けるほど好きな人」2月25日に | トップページ | 「派遣村」報道をみたお茶の間で »

2009.01.12

テレビ局に電話をかけずにはいられなかった

テレビ局に電話をかけた。

ある番組の感想について。

番組の最後のエンドロールが出る頃には、テレビ欄に記載されている番号を押していた。

スタッフにつないでくれた。

取り上げて絶賛していた人物の裏側について、私は知っていることがいくつかあったので。

視聴者のなかには、その理念に感動し涙を流した人もいたはずだ。

ブログで検索しても、番組と人物について感動がつづられている。

電話で応対した番組スタッフに、番組のテーマと構成については認めつつ、私はその内情を話した。

スタッフは「そのような点での取材はしていませんでした。事実とすれば申し訳ありません」「そうなんですか。今後取材させていただきます」「知りませんでした。ありがとうございました」と、話を聞いてくれた。

功績は絶賛すべき部分はあり、評価する人たちが多くいたとしても、その陰でたくさんの人がついていけずに悩み、泣き、去っているということ。

そこに何があるのか。

取材する側もある点に気づけば、その陰が見えてくるはず。

どうしても伝えたかった。

« 「泣けるほど好きな人」2月25日に | トップページ | 「派遣村」報道をみたお茶の間で »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/43712405

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ局に電話をかけずにはいられなかった:

« 「泣けるほど好きな人」2月25日に | トップページ | 「派遣村」報道をみたお茶の間で »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!