« 近づく都議選 いい都政に! | トップページ | 疑惑の献金SHOWと国政に出たいタレント首長のアピールで終わるのか »

2009.06.23

14年目の別れ、新しい時を刻みたい

時が、止まった。

いっしょにいて14年目。

初めて迎えたあの朝。

まだ僕は学生だった。

会えば一曲だけ、途中まで、

いつも歌ってくれる曲も好きだった。

SAY YES

クリスマス・イブ

浪漫飛行・・・。

当時の歌い方も思い出も変わらなかった。

昨日までは。

同じ時を刻めなくなった。

僕は、新しい朝を迎えたい。

時を刻みたい。

だから、目を覚まそう。

電池を換えても動かなくなった目覚まし時計・名曲メロディー機能付にさよならを告げて。

僕は、新しい目覚まし時計を買いに行くことにした。

« 近づく都議選 いい都政に! | トップページ | 疑惑の献金SHOWと国政に出たいタレント首長のアピールで終わるのか »

どうでもいい話」カテゴリの記事

コメント

長い時間を共に刻んできた時計

私たち2人の電池の期限は秋

止めたくなかった

でも

止めなきゃ進めない

つらくても
切なくても

電池が切れる
その時までは…

思い出を
心に刻む

生命の果てる時
あなたの笑顔を刻めるように…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/45434650

この記事へのトラックバック一覧です: 14年目の別れ、新しい時を刻みたい:

« 近づく都議選 いい都政に! | トップページ | 疑惑の献金SHOWと国政に出たいタレント首長のアピールで終わるのか »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!