« 郵便非正規職員が一方的賃下げ | トップページ | ほめられすぎて、逆に緊張する »

2009.06.01

非戦を選ぶ演劇人の会ピースリーディング、8月17・18日に

何度も「非戦を選ぶ演劇人の会」のピースリーディングを鑑賞している。

今年もその情報にふれることができた。2日ある。

非戦を選ぶ演劇人の会ホームページに第一報が出た。

非戦を選ぶ演劇人の会
http://hisen-engeki.com/

出演者やチケット販売などはこれからのようだ。

非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.12
あきらめない、夏
「ディア・マイ・イン・パレスチナ (仮題)」   

作/篠原久美子
演出・構成/渡辺えり

日時/2009年8月17日(月)、18日(火)の2日間2ステージ
会場/全労済ホール スペース・ゼロ TEL 03-3375-8741(代)
料金(全席指定)/一般1500円、中高生1000円、小学生以下500円

<内容>
○第一部:朗読劇「ディア・マイ・イン・パレスチナ(仮題)」
 パレスチナの難民キャンプへの経済支援のため、パレスチナの少年と文通をする日本の主婦。しかし夫のリストラで、経済支援どころではなくなってしまった…! パレスチナの少年の家族のことを考えれば支援は続けたい、しかし月5000円の出費は痛い…といった小さな悩みが始まる。
 「2つの家族」の営みと、手紙の中から現れる様々な人々の証言から、日本とパレスチナの現在が見えてくる―。
 事実やデータを証言形式で語っていく構成の予定。

○第二部:シンポジウム&インタビュー
 日替わりでゲストをお招きし、パレスチナ問題などに関するシンポジウムを行う予定です。
 また、18日は森光子さんをお招きして、戦争体験に関するインタビューを行います。

 詳細情報については随時アップしていきます。

<非戦を選ぶ演劇人の会実行委員>
永井愛、渡辺えり、坂手洋二、福島明夫、丸尾聡、篠原久美子、西山水木、野中友博、関根信一
明樹由佳、くまがいマキ、中山マリ、宮島千栄、小澤浩明、清木場直子、猪熊恒和、常田景子
朝倉摂、林光、三田和代、高橋長英、加藤ちか、西川信廣、根岸季衣、松岡和子、杉浦久幸
今泉ちえこ、金安凌平、相馬杜宇、楢原拓、円城寺あや、釘本光

過去の出演者は会のホームページの「past」をみてもらいたい。

3年前の夏、森山直太朗さんが歌を披露した時は心から感動した。以前には川原亜矢子さんの朗読にもふれることができた。ラサール石井さんは常連だ。

世代をこえて、表現者・演劇人が伝えること。

今年も夏が待ち遠しい。非戦を考えながら。

« 郵便非正規職員が一方的賃下げ | トップページ | ほめられすぎて、逆に緊張する »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/45203458

この記事へのトラックバック一覧です: 非戦を選ぶ演劇人の会ピースリーディング、8月17・18日に:

« 郵便非正規職員が一方的賃下げ | トップページ | ほめられすぎて、逆に緊張する »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!