« 衝撃のドラマか | トップページ | ジャパンからハイチへ 著名な人々やテレビ局は何を »

2010.01.27

10年で3割の書店が消えた

この10年で・・・。

新聞を読む若い世代が激減したと、このブログで以前ふれた。

今度は書店、本屋の話。

10年で約3割の減。

本や雑誌を比較的よく買う私だけれど、急ぎや少し古い本の場合は、amazonで買ったりしていて、書店の売り上げには貢献しないときもある。

読みたくて買いたい時に、近くに書店がない人もいる。

amazonなどで買える環境にある人とそうでない人もいる。

万引きの増加で書店の存続ができなくなったところもあると聞く。

本を読まない人が増えていること、またブックオフなどの古本屋の出店攻勢なども、新刊を扱う書店の売り上げに影響しているはず。

10年で3割減という重みに、考えさせられた。

◇消える書店、10年間で29%減 和歌山県ではほぼ半減
(2010年1月26日 asahi.com)
http://book.asahi.com/news/TKY201001260130.html
 出版市場が2兆円割れし、縮小が続く中、各地で書店が消えている。この10年間で6403店減少し、ほぼ半減している県もあることが分かった。全国の書店を調査しているアルメディア(東京都)のデータをもとに、2000年と今年1月時点の書店数を比較し、減少率を計算した。

 00年に全国で2万1922店あった書店は一貫して減少し、10年には約29%減の1万5519店となった。最も減少率が高かったのは和歌山県で、257店から137店へと約47%も減少。次いで山口県、佐賀県が約38%減少した。和歌山県の書店商業組合によると、同県では、スーパーとの複合型店や郊外型の大型店などが増え、中小書店の廃業が相次いだという。店舗数の格差は今年1月、最多の東京都が1739店に対し、最少の鳥取県は80店だった。

 また、09年の書店の新規出店数は286店と、同社が統計を取り始めた00年以降で初めて300店を割った。同社の加賀美幹雄社長は「積極的に出店を続けてきた全国チェーンも息切れを始めている。今後、チェーン店の淘汰(とうた)が始まれば、さらに減少が膨らむ可能性もある」とみる。(久保智祥)

« 衝撃のドラマか | トップページ | ジャパンからハイチへ 著名な人々やテレビ局は何を »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/47406282

この記事へのトラックバック一覧です: 10年で3割の書店が消えた:

« 衝撃のドラマか | トップページ | ジャパンからハイチへ 著名な人々やテレビ局は何を »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!