« チャンネルあらそいで | トップページ | 年代をこえて同じものをみるということ »

2010.01.02

比率は社員1人に対してアルバイト32人

昨年末、ハンバーガーチェーンのウェンディーズ、国内71店舗がその29年の歴史に幕を閉じたそうで。

正社員は、同じゼンショーグループの「すき家」などに異動するそうですが、最大の驚きは、

正社員とパート・アルバイトの比率。

正社員約60人に対し、アルバイト(おそらくパート含む)は1900人なんだとか。

内々には知らされていたのかもしれませんが、閉鎖発表が12月11日ですからね。

飲食、流通、労働・・・。

考えずにはいられません。

« チャンネルあらそいで | トップページ | 年代をこえて同じものをみるということ »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/47178097

この記事へのトラックバック一覧です: 比率は社員1人に対してアルバイト32人:

« チャンネルあらそいで | トップページ | 年代をこえて同じものをみるということ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ツイッター

影響されてるよー

注目!