« 事業仕分け、民主党の選挙宣伝策という側面は明らか | トップページ | 「チルドレンファースト」と言いながら »

2010.04.26

看護職員の7割が慢性疲労

「コンクリートから人へ」の政権の姿勢の根幹が問われる調査が明らかに。

教師や保育士、介護士など、他の業種についても、

「コンクリートから人へ」の政府・政権はまず調査と対策をすべきでしょう。

***
◇看護職員、7割が慢性疲労 3人に1人が切迫流産に
2010年4月26日 20時01分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010042690200131.html

 全国の看護職員約2万7千人の健康状態について日本医労連が実施した調査で、「慢性疲労」を感じているとした人が7割を超え、妊娠をしたことがある約3500人の3人に1人は、流産になりかける「切迫流産」を経験したと答えたことが26日、分かった。

 医労連は「人手不足は深刻で健康を害する人が増えている。国に人員増などによる労働条件改善を求める」としている。

 調査は昨年11月~今年1月、全国の医療機関や介護施設で働く看護師、准看護師、保健師、助産師を対象に実施。約6万人に調査票を配布し、計約2万7500人が回答。女性が94%を占めた。

 健康状態が「非常に不調」「やや不調」とした人は計37・8%。「疲れが翌日に残る」「いつも疲れている」と答えた人は73・5%に上り、1988年の調査に比べ7・2ポイント増えた。「健康に不安がある」は61・8%で、鎮痛剤や睡眠薬など何らかの薬を常用しているのは約6割に上った。

(共同)

« 事業仕分け、民主党の選挙宣伝策という側面は明らか | トップページ | 「チルドレンファースト」と言いながら »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/48190541

この記事へのトラックバック一覧です: 看護職員の7割が慢性疲労:

« 事業仕分け、民主党の選挙宣伝策という側面は明らか | トップページ | 「チルドレンファースト」と言いながら »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!