« ベタベタするのもどうかと思う春に | トップページ | 新保育制度への動きに待ったをかける2つのブログ »

2010.04.07

何のため生まれ、何のため生きてきたのか

事件からほぼ半世紀、死刑が確定して38年、84歳となった死刑囚。

再審を認めるかどうかについて、最高裁判所の判断は高裁への「審理差し戻し」。

再審の可能性が出てきた。

私は、この事件に詳しくないが、残された時間は極めて限られている。

これから高裁で証拠調べが始まる。

報道によれば、弁護団が提出した最高裁への意見書のなかに、

「彼は何のため生まれ、何のため生きてきたのか」という投げかけがあるという。

細かい語句の違いはあるものの、「アンパンマンのマーチ」を思い出さずにはいられない。

〔関連サイト〕

名張毒ぶどう酒事件 奥西さんを守る東京の会
http://www5a.biglobe.ne.jp/~nabari/

« ベタベタするのもどうかと思う春に | トップページ | 新保育制度への動きに待ったをかける2つのブログ »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/48019650

この記事へのトラックバック一覧です: 何のため生まれ、何のため生きてきたのか:

« ベタベタするのもどうかと思う春に | トップページ | 新保育制度への動きに待ったをかける2つのブログ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!