« 東京都職員の20代の約半数が新聞を購読せず | トップページ | 「夕凪の街 桜の国」原画再構成して映像化 »

2010.04.23

沖縄県民大会を前に思うこと

4月25日、沖縄では普天間飛行場の県内移設に反対する4・25県民大会が開催される。

私は東京での学生時代に1度、就職して2度、沖縄の基地調査に参加したことがある。

突然の轟音と低空飛行に何度も衝撃をうけた。沖縄の人々のひとの良さにも。

その後、沖縄では県知事選や名護市長選などでたびたび「基地」「経済」などという矛盾にまみれた踏み絵を踏まされ、
本質的な解決をみないまま、今回初めて本格的な政治課題にのぼった。

先の春のセンバツ高校野球大会では、沖縄の興南高校が初優勝した。

ずっと書きたかったこと。いろいろ考えて、県民大会を目前にした今日を選んだ。

4月4日付の日刊スポーツが、エース島袋君の意外な過去と切なる願いにふれている。

***
「沖縄が力があるところを見せたかった」。小さいときから沖縄が抱える痛みを肌で感じて育ってきた。自宅は移設問題で揺れる普天間基地の近く。小6のとき、近所で米軍ヘリ墜落炎上事故が起こった。炎上したヘリの破片は自宅アパート前にも飛んできたという。児童会長だったため、宜野湾市内で開催された市民集会で1万人を超える参加者の前でスピーチをした。「安心して生活できる環境になってほしい」。切なる願いを訴えた少年は6年後、県民を沸かせるエースへと成長。不安を抱える地元の人へ頑張る姿を届けた。
***

こんなことを書くと、基地問題と高校野球をからめるなと批判されるのかもしれない。
しかし、現実に、基地という政治がスポーツを含む生活に持ち込まれている。

さらにこれを放置しつづけてきたのは、政治と私たちおとなの責任に違いない。

騒音被害の厳しい地域の学校では、

轟音による授業の中断がよくあると聞く。

さらに、「プレイボール」「ストライク」のコールも聞き取りにくいとすれば、スポーツとは、政治とは・・・。

記者の視点と構成力に敬意を表し、

「安心して生活できる環境になってほしい」という願いに応えることができてない責任を感じつつ、私は沖縄県民大会と連帯する。

◇「市報ぎのわん」(平成16年9月13日号)PDFファイル
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/DAT/LIB/WEB/1/00194_00004.pdf
※島袋くんの当時の写真とスピーチの概要も

***
◇島袋198球12回完投!興南初V/センバツ(2010/4/4日刊スポーツ)
http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/senbatsu/2010/news/p-bb-tp3-20100404-614031.html

<センバツ高校野球:興南10-5日大三>◇3日◇決勝

 悲運のエースが、春の日本一に輝いた。トルネード左腕、島袋洋奨投手(3年)擁する興南(沖縄)が、延長12回の末、10-5で日大三(東京)を破り、初優勝を飾った。島袋は198球を投げ抜き、8安打11奪三振で、大会通算49三振とした。打っても2安打4打点と活躍。興南・我如古(がねこ)盛次主将(3年)と日大三のエース左腕、山崎福也(さちや)投手(3年)はともに大会タイとなる通算13安打をマーク。

 「沖縄のトルネード」こと島袋が、頂点に立った。センバツ決勝としては21年ぶりの延長を制した。延長12回、198球を投げきった左腕は「今日も気持ちよく投げられました。疲れは全く感じませんでした」と笑った。

 最高の舞台で最高に楽しんだ。2回は自らのけん制悪送球で2失点。「自分でも記憶がない」という1試合2本塁打を浴びて6回までに5失点。だが7回以降は立ち直り、許した安打は12回の二塁打1本だけ。5失策にも崩れることなく投げきった。「今日は心でカバーしましたね。ミスにも心は折れなかった」と、我喜屋監督からもお褒めの言葉をもらった。

 「沖縄が力があるところを見せたかった」。小さいときから沖縄が抱える痛みを肌で感じて育ってきた。自宅は移設問題で揺れる普天間基地の近く。小6のとき、近所で米軍ヘリ墜落炎上事故が起こった。炎上したヘリの破片は自宅アパート前にも飛んできたという。児童会長だったため、宜野湾市内で開催された市民集会で1万人を超える参加者の前でスピーチをした。「安心して生活できる環境になってほしい」。切なる願いを訴えた少年は6年後、県民を沸かせるエースへと成長。不安を抱える地元の人へ頑張る姿を届けた。

 昨年センバツは延長10回19奪三振も負け、昨夏も打線の援護なく明豊(大分)に敗れた。そんな「悲運のエース」が、5試合689球で「幸せ」をつかんだ。2年ぶりに優勝旗を沖縄へ持ち帰る。「夏また戻ってきて、みんなで1勝から始めます」。大昭和製紙北海道の選手として74年都市対抗野球を制し、「南北」で歓喜を味わった我喜屋監督は「ベンチ、お客さん、沖縄みんなの総合力だと思う」と感謝した。沖縄球児の悲願である夏の優勝へ。さらに成長したトルネードが夏、もっと大きな嵐を巻き起こす。【前田泰子】
***

【tamyレポート・ブログ内関連記事】

平和な島を返してください(2004/10/8)
http://tamy.way-nifty.com/tamy/2004/10/post_3.html

基地被害で子どもが小さく生まれる島(2004/11/4)
http://tamy.way-nifty.com/tamy/2004/11/post.html

「平和な島を返してください」から14年以上もたつのに(2009/12/13)
http://tamy.way-nifty.com/tamy/2009/12/14-7604.html

子どもが小さく生まれるという基地被害の維持・移設でいいのか(2010/4/17)
http://tamy.way-nifty.com/tamy/2010/04/post-f1c2.html

« 東京都職員の20代の約半数が新聞を購読せず | トップページ | 「夕凪の街 桜の国」原画再構成して映像化 »

スポーツ」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/48152803

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県民大会を前に思うこと:

« 東京都職員の20代の約半数が新聞を購読せず | トップページ | 「夕凪の街 桜の国」原画再構成して映像化 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!