« 私たちは沖縄を「見せ物」にし続けていないか | トップページ | 定時制高校と、障害者の雇用の今 »

2010.05.19

タブーを外して、いまと人と向き合うことで社会を変えたい

職場の休憩中に、昼食ついでに早歩きで資料をとりに図書館へ。

ついでにたまたま手にした新聞に、また「香山リカのココロの万華鏡」。

香山さんのコラムを取り上げるのはもう何回目だろうか。

鋭い切り口と日常会話的な分析力に、教えられることが多い。

この記事を読んで、「心の病」の受け止め方の変化とあるべき職場・社会の姿に、厳しさと同時に可能性を感じた。

私は、心の病に悩む(んでいた)人を10人くらいは知っている。

私自身も心が本当に健康的かといえば・・・。

タブーという枠を外して自然にそんな会話ができるようになるには「しばらく時間がかかりそうだ」というが、左右するのは、格差・分断にまけない、つながり・連帯、言葉の力だと信じあいたい。

そんな社会をめざして。

ちなみに、記事中の妄想だったら、私のほうがしている。子どものころから。

***
◇香山リカのココロの万華鏡:心の病はタブーか /東京
(2010/5/18毎日新聞東京地方版)
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20100518ddlk13070234000c.html
 新学期が始まって早くも2カ月近く。大学でも、新入生たちはずいぶんキャンパスに慣れてきたようで、教員をしている私にもあれこれと話しかけてくれるようになった。

 ここ数年、大学で気づくのは、「先生、精神科医ですよね? 私、うつ病で心療内科に通っているんですよ」などと自らの病気や治療について、積極的に語ってくれる人が増えたことだ。この人たちの多くは、服装もおしゃれで表情も明るく、一見したところ、どこも調子が悪そうには見えない。「統合失調症でね、ちょっと前まで妄想があったんですよ」とニコニコしながら大きな声で話し、まわりの友人たちも「へえー」と自然に聞いている。時代は変わったんだな、とつくづく思う。

 私が精神科医になった約25年前には、こうはいかなかった。心の病を患った学生たちは、親に連れられ、ひと目を避けるようにして病院にやって来た。「治療が必要ですね」と言うと、親も本人も「大学はあきらめたほうがいいでしょうか」と落ち込んだ。ちょっとのあいだ休めば、たぶん復学できると思いますよ、と伝えても、「どうしても学校には知られたくないんです。なんとか休学しない手はないでしょうか」と悲痛な表情で訴える人が多かった。

 病気を隠しながら通学を続ける学生は、たとえ症状が悪くなって出席できない、リポートが出せないといった事態になっても、理由を担当の教員に説明することができない。からだの病気と違って外からはまったくわからないので、「やる気がないんじゃないのか」などと叱(しか)られ、つらい思いをする学生もいた。

 それに比べ、学生たちが気軽に自分の心の病を語ることができるようになったのは、本当によいことだ。ただ、もしかするとそれは私が精神科医だからで、経済や物理の教員にはやはり「言い出せない……」と悩んでいる学生もいるのだろうか。

 先日、発表された警察庁の自殺統計でも、20代など若い世代の自殺率の上昇が目立った。こういう中には、心の病を患い、それを学校などで明かすことができないまま、無理を重ねて最悪の結果に、という人たちもいるのではないだろうか。とくに職場ではまだまだ心の病はタブー、という話もよく聞く。「私、うつ病で治療中なんですよ。だから、残業はしばらくパスということにしてもらえませんか」「わかりました」「助かります。よくなったらすぐに言いますんで」「まあ、無理しないでね」。日本の社会でこんな会話が自然にできるようになるには、しばらく時間がかかりそうだ。

« 私たちは沖縄を「見せ物」にし続けていないか | トップページ | 定時制高校と、障害者の雇用の今 »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/48402222

この記事へのトラックバック一覧です: タブーを外して、いまと人と向き合うことで社会を変えたい:

« 私たちは沖縄を「見せ物」にし続けていないか | トップページ | 定時制高校と、障害者の雇用の今 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツイッター

影響されてるよー

注目!