« いまこそ、共感力! | トップページ | 願い、「ひろしま平和の歌」、INORIとともに »

2010.08.01

8月7日放送、「幻の甲子園~戦時下の球児たち」

8月になると、戦争・平和を考えるテレビ番組が放送されます。

それを「8月ジャーナリズム」と批判する向きもありますが、私はそれらの番組をこのブログで毎年紹介してきています。

考えあうきっかけとしては、大切にしたいと思っています。

今日8月1日午後には、NHKで井上ひさしさん原作の「焼け跡のホームラン」が放送され、まだ観ていませんが、録画できました。

来週は、夏の甲子園が開幕する7日夜に、「幻の甲子園」という番組がNHK総合で。

***

幻の甲子園~戦時下の球児たち~
8月7日(土)NHK総合 午後8:00~8:45
(再放送:8月11日(水) 午前1:05~1:50 )

 昭和17年、太平洋戦争下、ただ一度だけ行われた夏の甲子園大会。球児たちは、戦場へ向かう前に甲子園で野球をやりたいと夢見た。その切実な思いゆえ、この年の甲子園は異様な熱気につつまれた。ところがこの大会は、高校野球の公式記録には一切残されなかった。あの汗、あの涙、球児たちの熱戦は、幻であったのだろうか。
 実は、「幻の大会」の主催者は朝日新聞社から強引に開催権を奪った文部省であった。軍の協力のもと、甲子園を戦意高揚のために利用しようとしたのである。スコアボードには、「戦い抜こう大東亜戦」というスローガンがかかげられ、軍隊式ルールが野球の姿をゆがめた。
 それでも球児たちは精いっぱい白球を追い、大会のあとは野球への思いを断ち切り戦場へ赴いた。沖縄戦、原爆の惨禍、そしてシベリア抑留。過酷な運命に翻弄された球児たちは何を思い、どう生きたのか。甲子園大会のはじまる8月7日、歴史にうずもれた大会を映像で再現し、元ちとせさんがテーマソングを歌って球児たちの魂をよみがえらせる。野球を愛する多くの日本人とともに、戦争の時代を生きた球児たちへ深い鎮魂の祈りを捧げたい。
***

« いまこそ、共感力! | トップページ | 願い、「ひろしま平和の歌」、INORIとともに »

スポーツ」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/49031118

この記事へのトラックバック一覧です: 8月7日放送、「幻の甲子園~戦時下の球児たち」:

« いまこそ、共感力! | トップページ | 願い、「ひろしま平和の歌」、INORIとともに »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!