« 中越地震で救出された優太くんはもう8歳に | トップページ | まず詰め込み保育?いっせい特区提案? »

2010.10.25

セクハラ裁判 訴えは私たち日本人と司法に響くのか

この1ヶ月間、ずっと怒り狂っていることがある。

中国政府の極めて独裁的な圧力と攻撃姿勢。

もうひとつは、日本で起きた中国人へのセクハラ事件。

ちょうど1ヶ月前、被害者の訴えを生で聴いた。

きちんとした日本語で、怒りをこめて。

「日本人、恥ずかしくないですか」と。

日本人として恥ずかしいにもほどがあった。

聞き手の9割近くは40・50代の男性で。

非正規雇用で、日本人でない中国人。

この事件・裁判については、作家の雨宮処凛さんが「マガジン9条」に連載してきた。

158. 中国人だから? アルバイトだから?「女」だから?
あるセクハラ裁判を巡って その1。の巻
http://www.magazine9.jp/karin/100901/

159. 中国人だから? アルバイトだから?「女」だから?
あるセクハラ裁判を巡って その2。の巻
http://www.magazine9.jp/karin/100908/

160. 中国人だから? アルバイトだから?「女」だから?
あるセクハラ裁判を巡って その3。の巻
http://www.magazine9.jp/karin/100915/

161. 中国人だから? アルバイトだから?「女」だから?
あるセクハラ裁判を巡って その4。の巻
http://www.magazine9.jp/karin/100922/

私にとって、セクハラとの出会いは、中学校のとき。

教頭に次ぐ地位の教師がおとなしい女性教師に、宴会で・・・。

中3のときに、熱血女性教師から聞いた話。

あれから20年の時を経て、学校現場でもいまだに根強くあるという。

それにしても、ほんの氷山の一角なのだと思う。

お金のかかる裁判までしてたたかう当事者の、誇りを、尊厳を。

日本人の意識と日本の司法が問われている。

思い知らされた。

知らないではすまされない、知らなければならないことが、たくさんあることを。

訴えなければわからない、訴えなければ、なかったことにされるということを。

そして、もしかすると、訴えても、なかったことにされるかもしれないということにも。

だから伝えたい。

« 中越地震で救出された優太くんはもう8歳に | トップページ | まず詰め込み保育?いっせい特区提案? »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/49833678

この記事へのトラックバック一覧です: セクハラ裁判 訴えは私たち日本人と司法に響くのか:

« 中越地震で救出された優太くんはもう8歳に | トップページ | まず詰め込み保育?いっせい特区提案? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!