« 福岡市長選、自民党と公明党支援の候補は、保育のビジネス化に反対 | トップページ | 今年の新語・流行語は・・・ »

2010.11.14

嫌悪の感情を乗り越えるということ

人に好き嫌いはある。

でも、嫌いな人、苦手な人でも、向き合わなければいけないことがある。

それを避けては、嫌悪の連鎖が広がっていくだけ。

私の仕事は、向き合わせること。

ここ数年、さまざまな経験のなかでそう感じるようになった。

どう向き合わせるか。

向き合わせないのは、解決・改善を遠ざけるだけになるということも。

もちろん、一時的に逃げることは必要でも。

嫌われることもある日々のなかで、マイナスの連鎖には悩まされつつも、プラスの好意の返報性(へんぽうせい)を大切に。

時に裏切られたり、期待が外れてしまうことがあったりしても。

***
◇しあわせのトンボ:何ちゃー生まれん=近藤勝重
(2010/11/12毎日新聞東京夕刊)
http://mainichi.jp/select/opinion/kondo/news/20101112dde012070056000c.html

 人を嫌うのは極めて強いマイナス感情だ。嫌えば嫌われるという言葉の通り、相手は仕返しの感情さえ抱くことがある。心理学では「嫌悪の報復性」と説明されている。

 その報復行為はいかにすれば思いとどまれるのか。それが可能になれば、この世の中でのいさかいは激減するだろう。国家レベルにおいても争い事は減るのではなかろうか。

 小料理屋での雑談が、日本と中国、ロシアとの領海、領土をめぐる対立模様の話から、人間の感情論になったところで、友人が言った。

 「そうだよな。やられたらやり返すといった報復が続く限り、恨みを動機とした事件はもちろん、戦争だってなくならないだろうな」

 人間の感情自体は緊張を緩和させる呼吸法とか、肩や首の筋肉をほぐすとか、あるいは何秒か間を置いてから発言するといったコントロール法が、人間関係を扱った本や雑誌の特集などで紹介されている。それらは単なる対処法でしかないものの、友人は多くの部下を抱えていることもあるせいか、「ほー、そういうもんか。いざという時はやってみるか」と関心を示す。戦闘的な文芸評論家として知られた中村光夫氏も、晩年は返答する時七つ数えてからにしていたそうで、その話にも友人は「七つか。それならできそうだ。試してみるよ」と笑った。

 NHKの大河ドラマ「龍馬伝」で、坂本龍馬が倒幕にはやる連中を「憎しみからは何ちゃー生まれん」と言ってよくたしなめていた。ドラマでは龍馬の母の教えとされている。

 友人は「母と言えば」と受けて、思い出すように言った。

 「子供のころ、弟が近所のわんぱくに竹で頭をたたかれて大けがをしたんだ。母親は謝りに来たわんぱく坊主の親に『子供同士のこと。けがをさせようと思ってしたわけでなし、気にしないでください』と、とがめなかったんだ。それ以来、ぼくも弟もその子の親には本当によくしてもらってね。親同士も誰より仲のいいご近所になっていたよ」

 嫌えば嫌われるという言葉に対して、思えば思われるという言葉がある。「好意の返報性」という。相手への好意はちゃんと返ってくるというわけだが、人間、プラスの感情よりマイナス感情のほうが強いのも確かだ。

 嫌悪の感情が乗り越えられるかどうか。人間社会にとっての最大のテーマかもしれない。(夕刊編集長)

« 福岡市長選、自民党と公明党支援の候補は、保育のビジネス化に反対 | トップページ | 今年の新語・流行語は・・・ »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/50008612

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌悪の感情を乗り越えるということ:

« 福岡市長選、自民党と公明党支援の候補は、保育のビジネス化に反対 | トップページ | 今年の新語・流行語は・・・ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ツイッター

影響されてるよー

注目!