« みんなうまれる、感動もうまれる映画をぜひ | トップページ | 嫌悪の感情を乗り越えるということ »

2010.11.13

福岡市長選、自民党と公明党支援の候補は、保育のビジネス化に反対

11月14日、福岡市長選挙の投票日。

民主党系現職に対して乱立気味の選挙戦。

自民党、公明党が支援する元民報アナウンサーは、

地元紙のアンケートで、「民主党が進める保育のビジネス化については保育の質の低下が懸念されるため、反対します」と回答している。

自らと市民との公約でも「保育のビジネス化については、保育の質の低下が懸念されるため反対します」と明記している。

事実から言えば、民主党系現職に対し、自民党と公明党が支援している候補、そして共産党が支援している候補も、保育のビジネス化に反対している。

私にとっては、注目の選挙戦。

ここが聞きたい!<5完>福岡市長選候補者アンケート 教育、福祉
(西日本新聞2010/11/10)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/208954

« みんなうまれる、感動もうまれる映画をぜひ | トップページ | 嫌悪の感情を乗り越えるということ »

保育」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/49998918

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市長選、自民党と公明党支援の候補は、保育のビジネス化に反対:

« みんなうまれる、感動もうまれる映画をぜひ | トップページ | 嫌悪の感情を乗り越えるということ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ツイッター

影響されてるよー

注目!