« 給食費滞納、経済的な理由が増加 | トップページ | 思いやり、前向きな言葉をかけて »

2010.12.03

「トイレの神様」 大晦日は歌で、年明け1月5日はドラマで

今年の紅白歌合戦の目玉は、9分52秒のフルバージョンで歌われる「トイレの神様」になるはず。

3月から当ブログでも同曲にこだわってきた。

最近は、この歌の話をすると、まわりも乗ってくることが増えた。

その紅白から1週間もたたない1月5日、TBS系でそのドラマが放送されることが決まった。

「無縁」化がすすむといわれているなかでも、

あの歌で、年末の大掃除、そして年明けも、年末年始はトイレが綺麗になっていく。

家庭・家族が、社会があたたかくなるといい。

帰省する人は、大晦日にふるさとで歌を。

そして、仕事も始まった1月5日、ふるさとを離れてドラマを。

素敵なドラマになるといいなぁ。

1月5日、ちょうどいい。

曲のキーが、きいにあうのか、ちょっと気になってはいるhappy02

***
「トイレの神様」北乃きい主演でドラマ化…TBS系1月5日
(2010/11/29スポーツ報知大阪版)
http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/gossip/entertainment/news/20101129-OHO1T00065.htm
 NHK紅白歌合戦に初出場するシンガー・ソングライターの植村花菜(27)が亡き祖母との思い出を歌った「トイレの神様」が、女優・北乃きい(19)主演でドラマ化されることが28日、分かった。来年1月5日放送のTBS系「新春ドラマスペシャル『トイレの神様』」(後9時)で、祖母役を演じるのは女優・岩下志麻(69)。泣ける家族愛の物語を、植村の主題歌に乗せて全国に届ける。

 トイレにはきれいな女神様がいて、毎日きれいにしたら“べっぴんさん”になれる―。そう教えてくれた祖母との暮らしと別れを歌い、感動を呼んだ「トイレの神様」。9分52秒の誰もが泣ける歌が2時間ドラマになる。

 ドラマは、自伝ともいえる植村初の著書「トイレの神様」(宝島社)をベースに創作されたオリジナルストーリー。みずみずしく温かな曲の世界観を大切にしながら、ホームコメディーの要素を盛り込んだ「にぎやかな家族の笑いと涙の物語」(毎日放送・竹園元プロデューサー)として描かれる。

 植村役は、今年歌手デビューしギターも弾ける若手実力派の北乃きい。大好きな音楽の世界で苦悩する思春期のヒロインを演じる。3歳から祖母に育てられたという北乃は「私の祖母も『水回りは特にキレイにしないとダメよ』と言っていました。思い出はたくさんあるのでそれを出していけたら」と、自身の体験と共鳴させて役に臨む。

 植村の祖母、和嘉(わか)役を託された岩下志麻も「掃除が好きだった私の母と、歌の中のおばあちゃんが重なり涙が出ました。明るくて元気でかわいい、家族思いの温かい和嘉さんにしたい」と意気込んでいる。

 幼少期の花菜役は、植村と同じ兵庫県出身の芦田愛菜(6)。母役は夏川結衣(42)が務める。

 2005年のデビューからヒットに恵まれなかった植村花菜にとって、「トイレ―」は引退覚悟でつづった曲。初の紅白出場に続くドラマ化の決定に「一つの歌がこんな広がりをするなんて、ほんまにびっくり」と声を弾ませた。

 祖母を演じる岩下志麻については「やってくださるんですか~って、ほんまに意外で驚いた」と話し、「品のある凛(りん)としたすてきな大人の女性。実際のおばあちゃんも強くてかっこいいおばあちゃんだった。すごく楽しみだし、あったかい雰囲気のドラマになってほしい」と期待を寄せた。
***

« 給食費滞納、経済的な理由が増加 | トップページ | 思いやり、前向きな言葉をかけて »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/50165456

この記事へのトラックバック一覧です: 「トイレの神様」 大晦日は歌で、年明け1月5日はドラマで:

« 給食費滞納、経済的な理由が増加 | トップページ | 思いやり、前向きな言葉をかけて »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!