« 「解雇無効」提訴のなか、2月11日「沈まぬ太陽」が金曜ロードショーに | トップページ | 規制仕分け、3月に保育所運営の株式会社の参入もか »

2011.01.20

想い出をやさしく奏でる31字 学生短歌 今なつかしく

先生がニコっとして言う「がんばるな」私の中で「がんばれ」になる

学生短歌コンテスト・東洋大学「現代学生百人一首」の入賞作品のひとつ。

先生の笑顔と生徒のやる気、信頼関係の強さが見えてくるよう。

朝日新聞「天声人語」1月19日付
http://www.asahi.com/paper/column20110119.html
でも紹介されていたもので、6万作以上のなかからの入選作。

地域や年齢をこえて学生が31文字をつむぎあわせる。

若い感性ってすばらしい。昔私もたどった思い出がよみがえるものもある。

入選作から、私にとって大切だと感じたものを、もう2つ選ぶとしたら、

時が経ち皆忘れても碑は語る核の断絶尊い願い

そして、12年前の今ごろ、就職が内定して、母にかけた電話を思い出した。

泣きはしなかったけれど。

泣きながら内定決まり一番に電話したのは大切な祖母

知人でない他人の作品なのに、共感や感動もする短歌。

31文字のメッセージが深くしみる。

私もひとつ。

想い出を 言葉にすればなつかしく 時間をこえて響く心に

第24回東洋大学「現代学生百人一首」
入選作品100首および小学生の部10首発表(2011/1/15)
http://www.toyo.ac.jp/issyu/nyusen24_2011_j.html

« 「解雇無効」提訴のなか、2月11日「沈まぬ太陽」が金曜ロードショーに | トップページ | 規制仕分け、3月に保育所運営の株式会社の参入もか »

学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/50639447

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出をやさしく奏でる31字 学生短歌 今なつかしく:

« 「解雇無効」提訴のなか、2月11日「沈まぬ太陽」が金曜ロードショーに | トップページ | 規制仕分け、3月に保育所運営の株式会社の参入もか »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!