« 政治の貧困 アイディアが言葉が響いてこない | トップページ | 「持っている」もの、「持たない」もの »

2011.02.06

「こころづかい」と「思いやり」はみえるから

「こころ」はだれにも見えないけれど

「こころづかい」は見える

「思い」は見えないけれど

「思いやり」はだれにでも見える 

※宮澤章二「行為の意味」より

ACジャパン全国キャンペーン「見える気持ちに。」
http://www.ad-c.or.jp/campaign/self_all/02/index.html

素晴らしいメッセージを含むコマーシャル。

AC(公共広告機構)の2010年度の全国キャンペーン
http://www.ad-c.or.jp/campaign/self_all/index.html

テーマは、ヒューマニティ、つまり人間性。

スローガンは「共感という鍵で、心の扉を開こう」

集まったアイディア、広告の力、創造性って素晴らしい。

さすが、プロ。

そして、いくつかのCMにふれると、

テーマもスローガンも、なんだか本当に感じ取れるような気がしてくる。

地域キャンペーン
http://www.ad-c.or.jp/campaign/self_area/index.html

クリックすると、東北版は方言と地域グルメたっぷりで、また大阪版は車イスを贈り続ける元阪神・赤星さんが登場する。

中四国版は、いま「話題」の相撲の地域文化にふれたもの・・・。

それぞれに味とメッセージがある。

全国キャンペーンの「あなたの手当て」のCM
http://www.ad-c.or.jp/campaign/self_all/03/index.html

「大丈夫だよ」で始まる。

いま、そう言ってもらえない子ども、おとなが増えているとしたら、

共感という鍵で、心の扉を開いて、素直に人間性を見つめ合いたい。

ACジャパン
http://www.ad-c.or.jp/index.html

« 政治の貧困 アイディアが言葉が響いてこない | トップページ | 「持っている」もの、「持たない」もの »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/50787354

この記事へのトラックバック一覧です: 「こころづかい」と「思いやり」はみえるから:

« 政治の貧困 アイディアが言葉が響いてこない | トップページ | 「持っている」もの、「持たない」もの »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ツイッター

影響されてるよー

注目!