« 魔法の言葉は「大丈夫だよ」  | トップページ | OMOIYARIのうた »

2011.03.31

東北ナイン試合後の報道からみえたこと

春のセンバツ甲子園。

被災地の象徴となった東北高校は残念ながら初戦で敗れた。

翌日のスポーツ新聞には

「東北のあきらめない心」(日刊スポーツ東京一面)

「東北あきらめてたまるか!!」(スポーツ報知東京一面)などの文字が躍った。

避難所からの声援、地域をこえた友情応援、被災後の選手の生活など、

これまでになかったエピソードに考えさせられることが多かった。

日刊スポーツの東北総局の木下記者は3月29日付の紙面でこう回顧している。

「1日の取材は限定10分間。質問の第一声から高校生に悲惨な現実を聞く作業は、つらかった」とし、「復興のメドがついてからの話だが、いつか震災以外の話を彼らに聞いてみたい」と結んでいる。

被災したのにがんばる=東北ナイン

という図式の裏で、あどけない高校生の姿、また高校球児としての個性が映りにくかったことは事実だろう。

取材を受けることもつらかったはず。宿舎にたくさんの善意の物資が届けられたというが、プレッシャーも大きかったはず。

ライバル校も待つ夏にむけて、震災以外の東北ナインの記事も待ち望みたい。

スポーツ新聞4紙やネットの記事を読んで、興味深かったものがあとひとつある。

◇加藤弘士の加藤弘士のBaseball Boogie 三塁走者が、敵の好捕に拍手をしたのだ
http://weblog.hochi.co.jp/boogie/2011/03/post-03b1.html

東北高校の好守備に大垣日大のランナーが塁上で「手を叩いて称賛」したという。

「しかも笑顔で。昨夏までの長い間、甲子園取材に従事してきたが、このようなシーンは記憶にない。驚きだった」と記者は語っている。

このプレーを見ていないが、想像するだけで胸が揺さぶられた。

記者の指摘は鋭い。

また、自粛や中止に対する考えも同感だ。

10代の学生がひたむきにスポーツに打ち込める生活、教育環境をと、

スタンドやテレビの前で応援する私たちは、.共通して願っているはず。

その土台づくりを、できる歩みを進めながら、夏にむけて私たちが。

« 魔法の言葉は「大丈夫だよ」  | トップページ | OMOIYARIのうた »

2011震災」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/51257650

この記事へのトラックバック一覧です: 東北ナイン試合後の報道からみえたこと:

« 魔法の言葉は「大丈夫だよ」  | トップページ | OMOIYARIのうた »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!