« 今始まる希望の道 | トップページ | 保育所の面積基準の緩和、株式会社の参入障壁の軽減を求める候補 »

2011.03.25

わずかでも暗やみを照らすことができるなら

「あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日がくる」

ファンキーモンキーベイビーズの昨年の大ヒット曲「あとひとつ」。

3月18日、震災後初の本格的な歌番組「ミュージックステーション」は、励ましの曲がならんだ。

そのメインとも言うべき、「あとひとつ」。

画面からは歌いながら、涙を流す姿が。

その涙のわけがわかった。

「たとえわずかな光でも、暗やみを照らすことができるなら、僕は歌を歌おう」

という決意、あの熱唱と涙がまた、響き合い、人を勇気づけ、また歌い手を奮い立たせるのだと思う。

「ファンキーモンキーベイビーズ」震災体験談
(2011/3/24読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/music/mnews/20110324-OYT8T00577.htm

【YouTube】「あとひとつ」フル FUNKY MONKEY BABYS
http://www.youtube.com/watch?v=TvSUH9wBYFs

« 今始まる希望の道 | トップページ | 保育所の面積基準の緩和、株式会社の参入障壁の軽減を求める候補 »

2011震災」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/51206916

この記事へのトラックバック一覧です: わずかでも暗やみを照らすことができるなら:

« 今始まる希望の道 | トップページ | 保育所の面積基準の緩和、株式会社の参入障壁の軽減を求める候補 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!