« 温め、勇気づける事 寄せられた写真に想う | トップページ | 釜石市、保育料を1年無料に 政府の対応は? »

2011.05.21

「塩釜」の塩、そのネーミングは・・・

再開のニュース。雇用だけでなく、地元に元気を取り戻すはず。

***
◇伝統の藻塩、生産再開=「いい船出」と涙-宮城・塩釜
(2011/05/17-17:23 時事通信)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201105/2011051700646
 釜で煮詰めること12時間以上-。宮城県塩釜市に古来から伝わる藻塩の生産が、東日本大震災後初めて再開され、17日に一番塩が炊き上がった。
 生産を再開したのは、途絶えていた古来の製法を復活させようと、市民らが2年前に立ち上げた同市の合同会社「顔晴れ塩竈(がんばれしおがま)」。
 震災で乾燥機が使えなくなるなどの被害を受けたが、4月末にはほぼ復旧。今月12日、県の調査で、塩釜湾の海水が福島第1原発事故による放射能の影響を受けていないことが判明したため、再開に踏み切った。
 同社の製塩所で同湾の海水2トンを藻に通し、「塩釜石」を使った大釜などで計12時間半煮詰めた後、薄茶色の塩を釜からすくい上げた。
 同社総括の及川文男さん(63)は「温かい支援があり、ここまで来ることができた。きょうはいい船出になりました」と釜を見詰め涙ぐんだ。

***
「顔晴れ塩竃」
http://www.mosio.co.jp/

会社名が「顔晴れ塩竃」(がんばれしおがま)。

いいセンス!

そして、新商品が「ナイス塩ット」、さらに当選・合格・必勝を祈願する「必塩」(ヒッシオ)シリーズって。

こちらはちょっと煮詰まったか。

ちょっとショッパイ、そんな塩なのかな。

浅そうで深い、そんな味?

気になるネーミング!

« 温め、勇気づける事 寄せられた写真に想う | トップページ | 釜石市、保育料を1年無料に 政府の対応は? »

2011震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/51726525

この記事へのトラックバック一覧です: 「塩釜」の塩、そのネーミングは・・・:

« 温め、勇気づける事 寄せられた写真に想う | トップページ | 釜石市、保育料を1年無料に 政府の対応は? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!