« 前にすすんでいくために 真実を伝える大切さ | トップページ | 震災後に初めて迎える「こどもの日」に学ぶとは・・・ »

2011.05.04

1杯3000粒

お米の買い占め、品薄状態が続いたのは1ヵ月前。

もう忘れてしまった人も多いのではないだろうか。

このゴールデンウィーク、田植えのピークを迎えたところが少なくない。

なかなか気づかないけれど、田植えについての小さなニュースも地方版を中心にみつかる。

下記の田植えはまだ先だけれど、気になった記事。

「1杯の茶わんのごはんは約3千粒」という一粒の大切さ。

***
ひと粒の大切さ 稲種まきで知る
(2011/4/27 asahi.com マイタウン秋田)
http://mytown.asahi.com/akita/news.php?k_id=05000001104270001

 苗床に稲の種もみをまく体験が26日、横手市の増田小であった=写真。「ひと粒の種から、給食になるまで」の体験授業。増田高の冨田和樹講師が「1杯の茶わんのごはんは約3千粒」と一粒の大切さを説明。

 子どもたちは同高の生徒8人らの手伝いで縦60センチ、横30センチの苗床1枚に110グラム(約5500粒)の種もみをまき、そっと土をかぶせた。24枚の苗床は同高で成長させ、約1カ月後に児童たちが田植えをする。
***

この国も1億2000万粒でできている。

麦だって、粒。

みんな、粒なんだよね。

« 前にすすんでいくために 真実を伝える大切さ | トップページ | 震災後に初めて迎える「こどもの日」に学ぶとは・・・ »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/51573057

この記事へのトラックバック一覧です: 1杯3000粒:

« 前にすすんでいくために 真実を伝える大切さ | トップページ | 震災後に初めて迎える「こどもの日」に学ぶとは・・・ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!