« 13歳のメッセージ「幸せの一枚」を伝え合いたい | トップページ | 野球と言葉の底力を信じて »

2011.06.30

ネットでは「分かったこと」しか分からない

***
 動物たちが生き生きと動き回る「行動展示」で注目された旭山動物園(北海道旭川市)の前園長小菅正夫さんは、小学校にインターネットを普及させる動きを批判してきた。ネットから知識を得て分かったつもりになることは、子どもにとって不幸と考えているからだ

▼ネットは、「分かったこと」しか分からないのに、「分からないことがない」と勘違いをしてしまう。「それが子供たちにとっていちばん危険なことです」(『生きる意味って何だろう?』)

▼自分の手でカエルを捕まえれば、肌触りや生息場所を身をもって知ることができる。「両生類。棲(す)んでいるところは…」とネットの検索だけで済ますなら、何も分かっていないのと同じことだという

▼「カエルとはどんな生き物なんだろう?」。その答えは自分で見つけなければならない。自然の中で動物や虫を見て疑問を持つこともなく、ネットに頼る子どもには「絶対に科学者の芽は育たない」と小菅さんは言い切る

▼子どもたちが泥だらけになり、カエルや虫を追い掛けることができない地域が今広がっている。放射能汚染が続く限り、福島の親御さんたちは、田んぼで子どもにカエルを探させる気にはならないだろう

▼虫や動物との出合いを奪われた子どもたちがたくさんいる。原発事故は、放射性物質だけでなく、どれほど多くの災いをまき散らすのか。

筆洗(東京新聞2011/6/27)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2011062702000025.html

***

この指摘、考えあうべきだと思う。

気になって、小菅正夫さんの著書『生きる意味って何だろう?』(角川文庫)を買ってみた。読むのはちょっと先になるけれど。

生きる意味って、何だろうね。。。

« 13歳のメッセージ「幸せの一枚」を伝え合いたい | トップページ | 野球と言葉の底力を信じて »

2011震災」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/52078662

この記事へのトラックバック一覧です: ネットでは「分かったこと」しか分からない:

« 13歳のメッセージ「幸せの一枚」を伝え合いたい | トップページ | 野球と言葉の底力を信じて »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!