« 保育制度「改革」、不透明・・・ | トップページ | 復興の狼煙、もっと広がるように »

2011.07.07

夜間の節電、やめませんか

節電は必要だが、いまのムードは行き過ぎている。

正午前から夕方までのピークを避け、それ以外の時間にふりむけていくことが主な目的のはず。

ピーク以外に節するのは、節約だ。

最近も、60歳過ぎの数人が「節電だから、クーラーなしで寝ないとね」と意気投合していたが、大間違いだ。

夜の電気はたっぷり余っているのだから。

日曜日の午後6時から8時にやや電力使用量は上がるが、一家団らん、サザエさんタイムだからで、土日もここ以外は問題ない。

異常な夜間節電が、道や家のまわりを暗くしていることで、窃盗や暴行などの温床になるという警鐘がならされるべきだ。

また、無理してクーラーをつけないことでの熱中症も心配される。

街灯にもその役割はあり、繁華街のムダな照明量といっしょにしていいのか。

電力をつかう炊飯や掃除、洗濯は夜間にやったらいい。


電気を使わせない、不安をあおる動きは、原発再開をという声に結びつき、それを強く望む人たちが喜ぶことにならないか。

« 保育制度「改革」、不透明・・・ | トップページ | 復興の狼煙、もっと広がるように »

2011震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/52143902

この記事へのトラックバック一覧です: 夜間の節電、やめませんか:

« 保育制度「改革」、不透明・・・ | トップページ | 復興の狼煙、もっと広がるように »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!