« 島田紳助さん引退で振り返る | トップページ | ひまわりの咲いた夏 津波に消えた命 »

2011.08.25

人の手が大切にされる社会を

手と手のつながり、大切にしたい。

病院の「人の手」、福祉施設の、保育所の、隣の人の。

人手が大切にされる社会を。

***
2011/8/25朝日新聞天声人語
http://www.asahi.com/paper/column.html
手術をささえてくれた手の温(ぬく)もりに感謝します。50代の女性のそんな一文が、何年か前の声欄にあった。目に大けがをしての手術中、病院のスタッフがずっと手を握り続けてくれたそうだ▼「私が握ったのは血の通った人の手だった……もう片方の手で優しくさすってくれた」――。「手」を語って印象深かった投書を、かまくら春秋社から頂戴(ちょうだい)した季刊誌『詩とファンタジー』の特集を読んで思い浮かべた。あの、「手のひらを太陽に」の歌が誕生して今年で50年になるという▼漫画家やなせたかしさんの詞に、いずみたくさんの曲。ひらがなコンビがつくり、宮城まり子さんが歌った。軽快な前奏に続く〈ぼくらはみんな生きている……〉は大勢の耳に宿っていよう。筆者など、小学校の校内放送を懐かしく思い出す▼実は自分が一番元気のなかった時に作った歌だと、やなせさんが回想している。長編コミックに押されて仕事が急減していた。深夜の仕事場でふと懐中電灯で手を照らすと、血の色が透けて見えた。そのとき歌詞が浮かんできたと▼「アンパンマンの作者」で通る前は、「手のひらを太陽に」のやなせさんと紹介されることが多かったそうだ。絵も歌も子どもたちを陽気にさせ、元気を呼ぶ。かつて小さかった大人も心が跳ねる▼歌われて半世紀、日本は戦後で一番元気のないときだろうか。〈手のひらを太陽にすかしてみれば まっかに流れるぼくの血潮……〉。血の通う手と手のつながりが今ほど大事なときもない。
***

« 島田紳助さん引退で振り返る | トップページ | ひまわりの咲いた夏 津波に消えた命 »

2011震災」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/52561401

この記事へのトラックバック一覧です: 人の手が大切にされる社会を:

« 島田紳助さん引退で振り返る | トップページ | ひまわりの咲いた夏 津波に消えた命 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツイッター

影響されてるよー

注目!