« 里子の死から考える | トップページ | 清武さんと野田さん、愛という名のもとに »

2011.11.14

「壁は高ければ高いほどいい」 あきらめない2人の関係 

今日発売の週刊誌「AERA」(11月21日号 No.52)で、

2人のスポーツ選手の意外な関係を知った。

女子サッカーを牽引してきた澤穂希選手と、

女子バレーの小さなセッター竹下佳江選手。

澤選手は今年注目されたけれど、竹下選手も、

99年から日本代表の中心。

その159センチの体をいっぱいに、日本の展開の速い攻撃へつなぐトス回しは世界一の技術。

北九州市出身の彼女は私と同郷でもあり、親近感もあり、

私のブログでも何度かふれてきた。

「小さなセッターに勇気づけられて(2010/8/7)」
http://tamy.way-nifty.com/tamy/2010/08/post-6b7e.html

男子が当たり前のサッカーでの女子。

身長が鍵とされるバレーでの低身長。

あきらめないことを貫いてきた2人。

企業の冬の時代も身をもって味わってきた。

その二人が友人関係にあるという。

発せられる言葉も、共通するものがある。

(パスミスの失点に)「彼女の責任ではない。それまでの展開で私も含め多くの仲間がミスをしている。それがたまたま彼女のミスという形で表れただけ」(澤穂希) 「誰かが、自分のミスと責任を背負い込んでいる時点でダメ。一人のミスはみんなのミス」(竹下佳江)

などのほかにも。

スポーツ界の裏も表も知り、代表チームを支えてきた二人の姿勢、言葉、関係に、

違う分野に生きる私たちの参考になるものもあるのではないかと、繰り返し読み返す。

「壁は高ければ高いほどいい」ということも共通の言葉だという。

21日に発売される澤選手の著書『夢をかなえる。 思いを実現させるための64のアプローチ』(徳間書店)が早く読みたくなってきた。

« 里子の死から考える | トップページ | 清武さんと野田さん、愛という名のもとに »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/53246239

この記事へのトラックバック一覧です: 「壁は高ければ高いほどいい」 あきらめない2人の関係 :

« 里子の死から考える | トップページ | 清武さんと野田さん、愛という名のもとに »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!