« 鬼ごっこの異変 | トップページ | 流れてほしいのに流されない  »

2011.11.21

夢や目標を「まず口にしてみる」

なでしこジャパンの澤穂希さんの著書がこの数日で2冊出版された。

2冊とも手にしたが、私にとって参考にすべき視点が多い。

***
◇澤穂希:今度は「ビジネス書」 W杯Vへの成功の秘密明かした
(2011/11/17スポーツニッポン)
http://mainichi.jp/enta/sports/soccer/news/20111117spn00m050014000c.html
 なでしこジャパンの主将、澤穂希(33=INAC神戸)が著書「負けない自分になるための32のリーダーの習慣」を18日に幻冬舎から発売する。

 今夏のW杯優勝後初の著書で、いかにしてチームをまとめ、世界一をつかんだのかを「32項目」の独自の習慣を通して紹介。自伝ではなく自己啓発書になっており、全国の書店でも成功への秘けつが書かれた「ビジネス書」として扱う意向だ。

 世界中が「アジアの奇跡」と驚いたW杯初優勝から4カ月。その間にロンドン五輪出場も決めた中、澤が数々の激闘の秘話を通し、初めてリーダー論を明かした。

 同じサッカー日本代表の主将、長谷部誠(27)が書いたベストセラー「心を整える。」と同様、自己啓発書に仕上がっているのが特徴。これまでにぶつかった試練や、出会った人々から学んだ“ほまれ流”のメンタル術を指南している。

 W杯準々決勝のドイツ戦前日。知り合いの記者に「あす、勝つ気がする」と打ち明けた。準決勝スウェーデン戦前日には「メダルが取れる気がする」と言い、決勝戦前日には「アメリカに負ける気がしない」と言い放った。

 この一連の発言を「言葉には魂がある。だからこそ、それが力になるし同時に責任も生まれる」と説明。言葉にすることで「自分の中でもイメージがしやすくなり、それを実現するために努力ができる。そしてそれが実現したときのことを思うと楽しくなる」と効能を挙げ、夢や目標をかなえたいなら「まず口にしてみる」と有言実行を勧めている。(スポニチ)
***

いま私や私の仕事の関係先に必要なのは、伝える力と伝わる工夫だと思っている。

まず言葉にすること、それはその起点になる。

« 鬼ごっこの異変 | トップページ | 流れてほしいのに流されない  »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54095/53300481

この記事へのトラックバック一覧です: 夢や目標を「まず口にしてみる」:

« 鬼ごっこの異変 | トップページ | 流れてほしいのに流されない  »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!