カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2013.02.24

わすれない~原発と牛飼い それから~

3月で東日本大震災から2年。

去年の3月11日は、福島で過ごしました。

今年の夏も、福島へ行きました。

最近、都内で開催された福島にかかわる2つの写真展で、厳しい実情を目にして。

また行きたくなりました。

3月は、テレビでも震災関連番組が続きます。

注目のひとつが以下の番組です。番組ホームページから。

***

フジテレビ「ザ・ノンフィクション」
わすれない~原発と牛飼い それから~

3月3日 14:00~14:55
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/thenonfx/
全村避難の福島・葛尾村。故郷に戻り再び酪農の暮らしを取り戻すために奮闘する一家。しかし進まぬ国の除染活動。ついに独自である除染実験を行う。結果は驚くものだった

2011年8月に放送した「わすれない~原発と牛飼い」、そしてその後も含めた630日に渡る長期密着取材から、私たちは放射能と闘うひとつの家族の物語を追った。

福島第一原発から20~30km圏に位置する福島県・葛尾村。人口1500人あまりの小さな"牛飼いの村"だ。全村避難中の村人たちが直面しているのは、放射能により汚染された故郷、長年連れ添ってきた家族や家畜、土地との別れ、そして終わりの見えない「見えない脅威」への不安…。皆がこの状況にどう取り組んでいるのか、行政に、社会にそして自然に対し、どのような想いを抱きながら生きているのか。その現在を追い、将来の可能性を考える。
                  ◇
葛尾村で酪農を営む佐久間信次さん(61)。妻と息子・哲次さん(35)、娘・ルリ子さんの一家全員で約100頭の乳牛を育ててきた。「佐久間牧場」は信次さんの父が土地を開拓し、苦労して今の牧場に築き上げた場所。そのため家族全員の想いが強く、特に生まれた時から一緒に育った牛たちに対して哲次さんもルリ子さんも深い愛情を抱いていた。しかし、そんな佐久間一家も村が計画的避難区域に指定されたことにより、辛い決断を余儀なくされる。牛たちは、成牛は食用肉として売却、子牛は県外の牧場に引き取られることに。生活を支えてくれた牛を死なせなければならない悲しみ、生まれ育ち築いてきた自分たちの土地を離れなければならない切なさ、行政に対する怒りが次々とこみ上げる。
自ら入手した放射線量計が示す高い線量の値を見つめながら、それでも村に戻る熱意を失わない佐久間家。哲次さんは、意を決し村会議員選に立候補する。そして村会議員になり、村の除染作業に関わって分かる除染作業の厳しい現実。自分たちの力で何か…と哲次さんが着手したある取り組み、それは4000ベクレルにも達する畑を除染して農作物を作るという実験だった。そして、驚きの結果が…

放射能の除染は可能なのだろうか?汚された故郷は本当に甦るのだろうか?

2013.02.10

キ・ボ・ウ~全村避難 福島県飯舘村二年の記録~

先日、東京都内で開催されていた、福島県飯館村の様子を写した写真展を観てきました。

撮ったのは、プロではなく、自らも飯館村の被災者の長谷川健一さん。

その長谷川さんも登場し、「地元福島テレビが、徹底的に地元からの目線にこだわり、その700日を追うドキュメント」が放送されます。

2月11日(月)10:30~11:25(テレビ朝日) 
キ・ボ・ウ~全村避難 福島県飯舘村二年の記録~

※地域で放送日時が若干違います。

番組ホームページ
http://www.minkyo.or.jp/01/2012/12/002727.html
で注目の内容と日時をご確認ください。

2013.02.01

福島の女子高生の叫び、農家の今 2つのドキュメンタリー

***
2月3日(日)24:50~ 日本テレビ系NNNドキュメント’13
3・11大震災 シリーズ 今、伝えたいこと(仮) 福島・女子高生の叫び
http://www.ntv.co.jp/document/

原発ある福島県民は放射能まみれ。ワロタ~」「福島県民は放射能の中に閉じ込めとけ!放射能うつすんじゃねーよ」原発事故以来、そんなネットの書き込みが被災地の若者たちを絶望の淵に追いやった。福島第一原発から45kmの所にある県立相馬高校の女子生徒たち。「将来子どもができて、放射能のことを言われたら、全部私たちのせいにされる」「でも私たちは、何も悪くないじゃない!」様々な悩みを抱え、苦しんでいた彼女たちは、やがて演劇「今、伝えたいこと(仮)」を通じて思いの丈を伝え始める。それは、復興に向かう大人たちが言葉にしない福島の現実。女子高生たちのストレートな思いが詰まった舞台が、観客の胸に突き刺さっていく。
***
asahi.comの2012年8月31日でも、

福島・相馬の高校生ら慟哭の舞台「今 伝えたいこと(仮)」
http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK201208310042.html
が掲載されています。

他のメディアにも注目された舞台です。

ぜひ観たいドキュメンタリーです。

***

2月3日(日)25:20~25:50
TBS 報道の魂(放送エリア:首都圏)
「それでも希望のタネをまく~福島農家2年めの試練」
http://www.tbs.co.jp/houtama/
1年前の2012年2月。記者である私は福島県内各地に住む、以前取材したことのある人たちを訪ね歩いた。親しくしてくれた人たちが、あの震災の後どうしているのか、ずっと気になっていた。中には連絡が取れないままの人も少なからずいた。
その中のひとりが有機農家の菅野さん一家だ。菅野さんが暮らす二本松市東和地区は東京電力福島第一原発から約50キロのところにあり、全村避難を強いられた飯舘村とは車で30分ほどの距離だ。この東和地区は避難地域ではないが、それでも集落の所々には空間放射線量が周辺より高い場所が存在した。その環境の中で菅野さん一家は地区の人たちと一緒に農業を続けていた。
地区に有機農業を広めてきたリーダーでもある菅野さんは、震災後の混乱の中で有志の研究者と力を合わせて試行錯誤を繰り返していた。そうした中、農人としての勘で、ある手ごたえを感じていた。菅野さんは決意に満ちた表情でこう言った。「二年目のコメ作りを見ていてほしい」。そこから取材が始まった。
電力だけでなく、農業県として首都圏に食料を供給し続けてきた福島県。原発事故の後、「それでも」安全なコメを作る努力を続けている本当の福島の姿を伝える。
***
この報道の魂で取材をしている菅野さん、

2012年2月11日に東京・代々木公園で開催された「さようなら原発1000万人アクション」で、原発のない社会と農業をめざす発言をしていました。

私は会場の最前列で聴いていました。

発言動画も残っています。
http://youtu.be/tu8cDKqhwyk

その実際の農業がどうなのか、注目したい番組です。

2013.01.23

再放送1月23日(水)深夜NHKスペシャル「終の住処はどこに 老人漂流社会」

NHKスペシャル「ワーキングプア」や「無縁社会」の取材班が制作した番組が再放送されます。

先日亡くなった柴田トヨさんならこれを観て何をつづったでしょうか。

福祉が自己責任にされている現実と向き合う時だと私は思います。

さらに働く貧困がすすみ、無縁で漂流する社会でいいのか、問われています。

私も観ました。お見逃しの方、ぜひご覧ください。

※再放送1月24日(木)午前0時25分~1時14分(23日深夜)

***
1月20日(日)午後9時~NHKスペシャル
終(つい)の住処(すみか)はどこに
老人漂流社会
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0120/index.html

『歳をとることは罪なのか――』
今、高齢者が自らの意志で「死に場所」すら決められない現実が広がっている。
ひとり暮らしで体調を壊し、自宅にいられなくなり、病院や介護施設も満床で入れない・・・「死に場所」なき高齢者は、短期入所できるタイプの一時的に高齢者を預かってくれる施設を数か月おきに漂流し続けなければならない。
「歳をとり、周囲に迷惑をかけるだけの存在になりたくない…」 施設を転々とする高齢者は同じようにつぶやき、そしてじっと耐え続けている。
超高齢社会を迎え、ひとり暮らしの高齢者(単身世帯)は、今年500万人を突破。「住まい」を追われ、“死に場所”を求めて漂流する高齢者があふれ出す異常事態が、すでに起き始めている。
ひとりで暮らせなくなった高齢者が殺到している場所のひとつがNPOが運営する通称「無料低額宿泊所」。かつてホームレスの臨時の保護施設だった無料低額宿泊所に、自治体から相次いで高齢者が斡旋されてくる事態が広がっているのだ。しかし、こうした民間の施設は「認知症」を患うといられなくなる。多くは、認知症を一時的に受け入れてくれる精神科病院へ移送。
症状が治まれば退院するが、その先も、病院→無届け施設→病院・・・と自らの意志とは無関係に延々と漂流が続いていく。
ささいなきっかけで漂流が始まり、自宅へ帰ることなく施設を転々とし続ける「老人漂流社会」に迫り、誰しもが他人事ではない老後の現実を描き出す。さらに国や自治体で始まった単身高齢者の受け皿作りについて検証する。その上で、高齢者が「尊厳」と「希望」を持って生きられる社会をどう実現できるのか、専門家の提言も交えて考えていく。

***

2013.01.18

終の住処はどこに

自民党政権に戻って、自助・共助が強調され、公助は後ろにどんどん下がっていく流れにあります。

未曾有の高齢化社会を迎え、さらに深刻化していくことが懸念される中、NHKスペシャルが何を映すのか、興味深く観たいです。

***
1月20日(日)午後9時~NHKスペシャル
終(つい)の住処(すみか)はどこに
老人漂流社会
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0120/index.html

『歳をとることは罪なのか――』
今、高齢者が自らの意志で「死に場所」すら決められない現実が広がっている。
ひとり暮らしで体調を壊し、自宅にいられなくなり、病院や介護施設も満床で入れない・・・「死に場所」なき高齢者は、短期入所できるタイプの一時的に高齢者を預かってくれる施設を数か月おきに漂流し続けなければならない。
「歳をとり、周囲に迷惑をかけるだけの存在になりたくない…」 施設を転々とする高齢者は同じようにつぶやき、そしてじっと耐え続けている。
超高齢社会を迎え、ひとり暮らしの高齢者(単身世帯)は、今年500万人を突破。「住まい」を追われ、“死に場所”を求めて漂流する高齢者があふれ出す異常事態が、すでに起き始めている。
ひとりで暮らせなくなった高齢者が殺到している場所のひとつがNPOが運営する通称「無料低額宿泊所」。かつてホームレスの臨時の保護施設だった無料低額宿泊所に、自治体から相次いで高齢者が斡旋されてくる事態が広がっているのだ。しかし、こうした民間の施設は「認知症」を患うといられなくなる。多くは、認知症を一時的に受け入れてくれる精神科病院へ移送。
症状が治まれば退院するが、その先も、病院→無届け施設→病院・・・と自らの意志とは無関係に延々と漂流が続いていく。
ささいなきっかけで漂流が始まり、自宅へ帰ることなく施設を転々とし続ける「老人漂流社会」に迫り、誰しもが他人事ではない老後の現実を描き出す。さらに国や自治体で始まった単身高齢者の受け皿作りについて検証する。その上で、高齢者が「尊厳」と「希望」を持って生きられる社会をどう実現できるのか、専門家の提言も交えて考えていく。

※再放送1月24日(木)午前0時25分~1時14分(23日深夜)

***

2012.11.14

「保健室からのSOS~子どもの貧困の現実~」

関西地区のみの放送ですが、

「子どもの貧困」をテーマにした1時間番組が放送されます。

子どもに関係するすべてのみなさんにすすめたいです。私は関東在住なので残念ですが。

***

11/18(日)24時50分~25時50分
MBS毎日放送(関西) 映像’12
「保健室からのSOS~子どもの貧困の現実~」
http://www.mbs.jp/eizou/
大阪の公立小学校の保健室。「お腹すいた」朝一番、空腹を訴え児童が駆け込んで来ます。保健室の養護教諭が「とっておきの朝食」と呼ぶ、給食の残りのパンと牛乳を渡すと満足そうに頬張りました。養護教諭は5年程前から、生活状況が厳しくなってきている児童が増えてきたと実感します。「しんどい」「だるい」・・・、身体の小さな小学生はすぐに体調を崩しSOSを発信します。なかなか見えにくい「子どもの貧困」の現実を保健室から見つめます。

2012.11.12

「デモで考えたこと」第1弾 なぜ、僕たちはここにいるのか

この夏、原発再稼働反対をアピールする官邸前での行動に、

4度参加しました。

そこに来ているのは、何とかしたいという思いを持った人たち。

1人や2人で、ツイッターなどをみて、仕事帰りに、また小さな子どもを連れて。

そんな姿があります。

Eテレ「青春リアル」がその「日常と思い」を追うそうです。

11/15(木)夜11時30分
Eテレ青春リアル
「デモで考えたこと」第1弾 なぜ、僕たちはここにいるのか
「・・・毎週金曜日の総理大臣官邸前のデモ。ここで“脱原発”だけを訴えるのではなく、自分の生き方を模索する若者たちの日常と思いを追った」

2012.10.27

チャイルド・プア~急増 苦しむ子どもたち~

10月19日に放送された、NHK特報首都圏。

ご覧になりましたか。

***
NHK特報首都圏「チャイルド・プア~急増 苦しむ子どもたち~」
http://www.nhk.or.jp/tokuho/
給食費が払えない。学用品が買えない。親の失業など様々な理由で子どもの貧困が深刻化している。
就学援助を受ける小中学生は全国で約157万人と過去最多、およそ6人に1人。
日本の子どもの貧困率は、先進国の中でもアメリカなどに次いで高い。
貧困が影響していじめの対象になったり不登校になるなど、
将来に希望を持ちにくい深刻な状況も生まれている。その実態を見つめると共に、
子どもの孤立を防ぎ、貧困の連鎖をうまないため各地で始まるNPOや
スクールソーシャルワーカーなどの取り組みを取材し、どうすべきか考えていく。

出演:本田由紀さん(東京大学教授)
***

厳しさに焦点をあてながら、ささやかだけれど熱心で丁寧な支援も取り上げています。

25分間の番組ですから限界もありますが。

10/29(月)15時15分〜15時40分に、全国放送として再放送予定、ご注目ください。

根本的に改善をしていく必要性を感じます。

こちらで観ることもできますのでぜひ。
http://www.dailymotion.com/video/xugbm9_tokuhoyyy-yyyyy-yy-yy-yyyyyyyy-2012-10-19_news

2012.09.26

NHKスペシャル反響編 職場を襲う"新型うつ"

直前ですが、今夜の放送です。

4月に放送された番組の反響編で、再放送はないようです。

録画などをされてご注目ください。

***

9/27日(木)午前0時25分~(26日深夜)
NHKスペシャル反響編 職場を襲う"新型うつ"
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/0927/index.html
4月に放送したNHKスペシャル「職場を襲う“新型うつ”」には視聴者から様々な反響が寄せられた。“新型うつ”は単なる甘えだと批判する声が上がる一方、本当にうつ病で苦しんでいる人のことを理解していないと訴える声もあり、意見は真っ二つに割れた。そこで視聴者からの反響を受けて、4月の番組では紹介しきれなかった“新型うつ”対策に取り組む企業や病院の最前線、そして“新型うつ”の若者を主人公にしたドラマの未公開シーン、さらには専門医による解説コーナーも交えながら、“新型うつ”を徹底的に語り尽くす“反響編”を放送する。
今、企業にとってうつ病を中心としたメンタルヘルスの問題は緊急の課題となっている。特に最近、大きな注目を集めているのが“新型うつ”と呼ばれる新しいタイプのうつだ。“新型うつ”は、若者に多いとされ、従来型のうつ病と同様、不眠や気分の落ち込みなどの症状を呈する一方、常にうつ症状に陥っているわけではないのが特徴だ。職場を離れると気分が回復し、趣味や旅行など好きなことには活動的になり、うつになった原因は自分ではなく、職場など他人にあると考える自己中心的な性格がよく見られるという。さらに“新型うつ”は一見、“怠け”や性格の問題と捉えられることも多く、従来の抗うつ薬が効きにくく、対応が難しいのが現状だ。
今回、NHKが独自に実施した上場企業2200社へのアンケート調査でも、“新型うつ”と見られる社員を抱える企業は65%に上り、対応に苦慮する企業の実態が浮かび上がってきた。番組では、メンタルヘルス問題に積極的に取り組む企業や医療の最前線を取材。さらに“新型うつ”に悩む若者と企業の実態をドラマで描きながら、メンタルヘルス問題にどう立ち向かっていけばいいのか、解決のヒントを探っていく。

2012.08.23

障害を抱えながら生きる子どもへの想いも 稲川淳二さん「徹子の部屋に」

最近は新聞などメディアでも、障害のある子どもが生まれたことでの変化、葛藤を話している稲川淳二さん。

徹子の部屋に登場です。

***
テレビ朝日「徹子の部屋」
8月24日(金)13:20~稲川 淳二
http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/html/120824.html
「前立腺がんを手術&愛息への思い」
かつては突撃レポートなどで「元祖リアクション芸人」と呼ばれた稲川淳二さんが11年ぶりに登場。昨年末に前立腺ガンと診断され、今年2月に手術を受けた。入院先の病院で看護師を集め、得意の怪談話を披露すると…。稲川さんは2人の息子の父親でもある。障害を抱えながら懸命に生きる次男への想いを切々と語る。
***

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

影響されてるよー

注目!